トントンブタ星人 なのです
ffstudios / Pixabay

あぶくたった』って、ありましたよね。

 

「トントントン、何の音?」で有名な伝承遊びですね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

みんなでやれば、楽しい『あぶくたった』ですが…

 

さらに盛り上がる『あぶくたった』があるんですよ!

 

ちょっぴり変わった鬼ごっこが始まっちゃう、楽しいゲームが✨

 

今回は、『あぶくたった』+αバージョン【トントンブタ星人】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずは、みんなでブタ星人の練習をします。

 

その場で両手、両足をついて四つん這いになります。

 

 

「ブー、ブー!」と言いながら、四つん這いのまま、その場で足踏みをします。

 

 

自分がブタになったつもりでやっていきましょう。

トントンブタ星人

まずはオニになる「ブタ星人」を1人決めます。

 

 

そのまま、みんなで『あぶくたった』をします。

「トントントン、何の音?」で普通は「オバケの音」で逃げますが…

ここでは「ブタの音!」で逃げます。

ちなみに、それ以外の時は「あー、良かった♪」で逃げませんよ。

 

 

「ブタの音!」と言ったら、ブタ星人は四つん這いのまま「ブー、ブー!」と言いながら、みんなを追いかけます。

 

 

ブタ星人にタッチされたら、その人も両手、両足をついてブタ星人になり、まだ逃げまわってる人を追いかけ回していきます。

 

 

このままどんどんブタ星人を増やしていき、全員がブタ星人になったらゲーム終了です。

またブタ星人を1人決めて、『あぶくたった』から始めていきましょう。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

『あぶくたった』の後、ブタ🐷になってみんなを追いかけ回していくゲームになります。

 

ブー!ブー!と言いながらブタになりきると、気分も盛り上がってきますね♪

 

四つん這いでみんなを追いかけ回す姿は、楽しそうに見えるんですが…

 

これが、結構キツイです💦

 

ハイハイの高速バージョンなので、足腰に負担がかかり、悲鳴をあげてきます😅

 

なので、体力トレーニングにはうってつけ✨

 

しかも『あぶくたった』の後にこのバージョンをやれば、気分変えられますね。

 

みんなで楽しめて、トレーニングもできて、ブタにもなれる?3拍子そろったゲームですよっ☆

応用編

さすがに、最後まで四つん這い移動は体力的にキツイので、全員までとは言わず『半分以上がブタになったら』というルールに変えても構いません。

 

また、ライオン🦁やヒツジ🐑などの動物に変えても面白いですよ。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、『あぶくたった』+αバージョン【トントンブタ星人】を紹介しました。

 

『あぶくたった』の後、ブタ🐷になってみんなを追いかけ回していく、このゲーム。

 

ブタになりきって追いかける姿は微笑ましいのですが、ずっと続けると足腰にかなりの負担がかかります💦

 

トレーニングにはうってつけなんですが、次の日に筋肉痛になるといけないので『半分以上がブタになったら』というルールに変えたり、途中途中で休憩を挟んだりして下さいね。

 

また、ブタ以外の四つん這いアニマルに変えてみても面白いですよっ🤣

 

さぁ、カワイイブタさんになりきって、みんなを追いかけ回しちゃいましょう♪

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆