カニ競争 なのです
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

海に行ったら、つい捕まえたくなる生物っていますよね。

私の場合は「カニ🦀」

大きなハサミを持っていて…

横歩きして行く、すばしっこいアイツ✨

のんびり眺めていると「ドンくさい私でも捕まえられるかな♪」と思いますが…

逃げるスピードに追いつけず、完敗💧

まるで競争でもしているみたいですね😅

 

実はレクにも、同じ様に横歩きで競争していくモノがあるんですよ!

しかも1人じゃなく、2人1組で移動していくチーム対抗戦のゲームが✨

 

今回は、2人1組でカニ🦀の様に横歩きしていくゲーム【カニ競争】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずは近くの人と2人組を作り、背中合わせになります。

お互いのヒジの所で腕を組んで下さいね。

 

 

どちらか一方が腰を丸め、相手を軽く持ち上げます。

持ち上げられた人は、しっかり腕と背中の筋を伸ばします。

これを交代しながらやっていきますね。

 

 

次に腕を組んだまま、右へ2歩→戻って→左へ2歩、横歩きをします。

お互いに「1、2、1、2」とかけ声をかけると、息を合わせやすいですよ。

 

 

ここでしっかりと横歩きの感覚をつかんで下さいね。

軽い準備運動が出来たら、次は《本命レク》です。

カニ競争

まずは10人〜20人くらいでチームを作ります。

チームに分かれたら、2人1組になって背中合わせで腕を組んでもらいますね。

 

 

さぁ、ゲーム開始です!

スタートの合図で、横歩きのまま目標とする折り返し地点を回って戻り、次の組にバトンタッチします。

 

 

また次の組が横歩きで進み、戻って次の組にバトンタッチします。

これを繰り返していき、早く全員が戻って来たチームの勝ちになります。

 

注意事項
なるべく身長の差がない様に組ませると、ケガなども少なく安全です。

また、向かい合わせにすると足がかかって転ぶ事があるので、必ず背中合わせにして下さいね。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

背中合わせのまま、折り返し地点を回って戻ってくるゲームになります。

シンプルなモノではありますが、チーム対抗戦で競争するとかなり白熱します♪

ただでさえ横歩きで進まなきゃいけないのに、背中合わせになるので意外と難しいかもしれません。

そんな時には『お互いに声をかけ合って、息を合わせる』事が重要なポイントになります✨

ただ「1、2、1、2」とかけ声をかけるだけで、お互いの息を合わる事が可能です。

慣れてくれば、高速で横歩きも夢じゃないですよっ😆

応用編

始める前に各チームに、シュラフを1つずつ渡してもらいます。

 

 

今度は進む前に、シュラフを背中の間にはさんで、落とさない様に進んで行きます。

もし途中で落としたら、その場でまたはさんでから進んでもらいます。

 

 

シュラフをバトンの代わりにし、早く全員が戻って来たチームの勝ちになります。

 

シュラフをバトン代わりにして、落とさない様にする』というルールを加えると、さらに難易度も上がって盛り上がりますよっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、2人1組でカニ🦀の様に横歩きしていくゲーム【カニ競争】を紹介しました。

 

背中合わせのまま、折り返し地点を回って戻ってくる、このゲーム。

シンプルですが、チーム対抗戦で競争するとかなり白熱します。

やっぱりみんな負けたくないんですね😅

 

普段ではやらない横歩きに加え、2人1組の背中合わせなので、最初のうちは進むのもひと苦労です💦

でも、お互いにかけ声をかけながらやると、息もぴったり合ってくる様になります。

しかも、バトン代わりにシュラフを背中にはさむと、難易度も上がってさらに楽しくなりますよっ☆

慣れると高速横歩きも、夢じゃないですよ😆

 

さぁ、あなたもカニ🦀の様な『横歩きの達人』を目指しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆