2文字しりとり なのです
Tumisu / Pixabay

「もう、普通の遊びじゃ物足りないの…」

そんなアナタにおススメな、頭を使う楽しい言葉遊び♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

昔から遊ばれていて、今でもみんなと楽しめる言葉遊びといえば…

しりとり』ですよね。

 

ちょっとしたスキマ時間でも出来ちゃう、お手軽感が魅力ですね♪

 

でも何度かやると、流石に飽きてしまいます💦

 

大丈夫!そんな時は難易度を上げればイイんです✨

 

あまり難しくもなく、ちょっぴり変化を加えた絶妙な難易度のモノがあります。

 

今回は、普通のしりとりに飽きてきた時にオススメのしりとり遊び【2文字しりとり】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずはみんなで簡単にしりとりをしていきます。

 

全員の頭の体操になりますが、次の《本命レク》に向けての準備運動なので、あまり夢中になり過ぎず、ササッと進めて下さいね。

2文字しりとり

基本的なルールはほとんど変わりませんが『最後から2文字を、次につなげる』というルールを加えます。

通常のしりとりは最後の1文字だけで次は始めますが、追加ルールでは最後の2文字から始めます。

 

しりとり例
ぞうきん→金属(きんぞく)→属性(ぞくせい)→制限(せいげん)→原子記号(げんしきごう)→合格(ごうかく)

 

「あれっ?」と思った方、多いですよね。

この2文字を繋げるしりとりでは、「ん」が最後に付く単語を言ったら負けではなく、「ん」が最後から2文字目につく単語を言ったら負けとなります。

(※例えばパンダなどです。)

 

さぁ、しりとり勝負を始めていきましょう!

最後から2文字が次の始めに繋がる様に考えていきます。

これもポンッポンッとリズムよく言っていくのが理想ですが、2文字から始まる単語もなかなかパッとは出ないモノ。

多少時間がかかっても大丈夫です。

もし答えられなかったり、最後から2文字目が「ん」だった場合は負けになります。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

最後から2文字を、次につなげる』というルールが加わった、このしりとり遊び。

 

通常のしりとりよりも、最後の2文字を使っていく分、難易度が上がります。

 

また、いつもは使えない『最後に〝ん〟のつく単語』が使えるので、一風変わった感覚を楽しむ事が出来ちゃいます。

 

たった1文字増えただけですが、しっかり考えていくので、頭の中がフル稼働しますよっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、普通のしりとりに飽きてきた時にオススメのしりとり遊び【2文字しりとり】を紹介しました。

 

最後から2文字を、次につなげる』というルールが加わった、このしりとり遊び。

 

通常のしりとりよりも、最後の2文字を使っていく分、難易度が上がります。

 

この2文字を繋げるしりとりでは、いつもは使えない『最後に〝ん〟のつく単語』が使えるので、一風変わった感覚を楽しむ事が出来ちゃいます。

あまり難しく過ぎもせずといった絶妙な難易度なので「ちょっといつものしりとりに飽きてきたかな…」という時にオススメですよっ☆😉

 

さぁ、あなたも絶妙な難易度のしりとり遊びで楽しんじゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆