ゴムふみ なのです
silviarita / Pixabay

軽いステップで踏んじゃう、懐かしの伝承あそび♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

あなたのおじいちゃん👴&おばあちゃん👵が子供の頃に遊んだ事のあるモノといえば、『ゴムひも遊び』ですね。

これも今では、遊んでいる子供の姿を見なくなりましたが…

 

昔はとっても流行ったのよー、ゴムひも遊び!

今回は、ゴムひもをジャンプしながら踏んでいくゴムひも遊び【ゴムふみ】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ゴムふみ

準備する物
・ゴムひも(約3m前後)

 

まずはゴムひもの両はしを2人が持ち、ゴムひもの高さを決めます。

跳ぶ人はゴムひもと水平に1列に並びますね。

 

さぁ、動作開始です!

1番右はしの人(親)が始めに両足を揃えてジャンプし、ゴムひもを踏みます。

 

他の人達(子)は、親と同じ様に順番にジャンプしてゴムひもを踏みます。

 

親は180度回転しながらクルッとジャンプして、またゴムひもを踏みます。

子も順番に同じ動作をしていきます。

 

親は横を向く様にジャンプしながら、両足でゴムひもをまたぎます。

子も続けて同じ動作をします。

 

また180度回転しながらクルッとジャンプして、反対側へまたぎます。

子も順番に同じ動作をします。

 

今度は右横に向きながらジャンプをし、両足を揃えてゴムひもの横に跳びます。

子も続けて同じ動作をします。

 

みんな跳び終えたらまた180度回転しながらクルッと足を揃えてジャンプします。

これで最初の位置に戻りました。

また最初から繰り返し続けて跳んでいく様になります。

 

跳び方、伝わりましたかね?

ゴムひもを回転したり、横へ向いたりして跳んでいくゴムひも遊びになります。

 

これ、ゴムひもの上でアッチ向いたり、コッチ向いたりするので分かりづらいですが…

要は『1ターンごとに向きを変えながらジャンプして、最終的に元の位置に帰る』というモノですね。

 

子の人達は、親の動きをただマネすればイイのですが…

親は責任重大です!

まぁ、間違っても最終的に元の位置に戻ればOKなんですけどね😅

 

ちなみに,上手く出来るコツがあります!

 

 

知りたい?

 

 

 

本当に知りたい?

 

 

 

周りに誰もいない?

 

 

 

コツは『リズムにのる事』です✨

よくあるリズムゲームみたいにテンポ良く動いていけば、アッと言う間に上手く出来ちゃいますよっ♪

 

しかも、リズムにのると楽しいですしね😆

応用編

跳ぶのに慣れてきたら、今度はゴムひもの高さを少し上げます。

 

やる事は一緒ですが、高さが変わっただけで難易度がアップします💦

もし途中で引っかかってしまったら…

 

また最初からやり直しになりますよっ😵

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、ゴムひもをジャンプしながら踏んでいくゴムひも遊び【ゴムふみ】を紹介しました。

 

ゴムひもを回転したり、横へ向いたりして跳んでいく、このゴムひも遊び。

要は『1ターンごとに向きを変えながらジャンプして、最終的に元の位置に帰る』というモノですね。

 

子の人は親の動きをマネるだけなのでラクですが、親はちゃんと動きを覚えておく必要があります。

でも、リズムゲームみたいにリズムに乗りながら跳んでいくと、案外間違えずに上手く跳べちゃいます✨

しかもテンポ良く跳んでいると、どんどん楽しい気分になってきますよ♪😊

 

さぁ、あなたも楽しいリズムに身をまかせて、軽やかに跳んじゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆