だるまさんだるまさん なのです
ludi / Pixabay

心の奥底に湧き上がる、イタズラ心💓

 

レクをやっていると、自分の心の奥底からムクムクッと、ある感情が湧き出してきます。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

誰もが必ずと言っていいほど、1度は心の中で思った事のある感情とは…

 

「誰かを、ひっかけてやりたいっ‼︎」

 

…いえ、決して悪気がある訳ではありません💦

でも、ただ淡々と楽しくレクをするだけではなく、変化をつける事は大切です。

 

決して、自分が楽しんじゃおう♪という訳ではないですよ、念の為😋

 

今回は、そんなみんなをひっかけちゃうレク【だるまさんだるまさん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずは簡単な準備運動です。

 

「右手を上げて下さい」と大きな声で言います。

 

相手には、右手を上げてもらいます。

 

この時、右手は上げたままです。

 

 

 

今度は「右手を下げて下さい」と大きな声で言います。

 

相手には、右手を下げてもらいます。

 

 

 

次に「左手を上げて下さい」と大きな声で言います。

 

相手には、左手を上げてもらいます。

 

上げてもらった後は、左手を下げてもらう様に言って下さいね。

 

 

 

「右足を上げて下さい」と大きな声で言います。

 

相手には、右足を上げてもらいます。

 

同じ様に上げた後は、下げる様に言って下さい。

 

 

 

今度は「左足を上げて下さい」と大きな声で言います。

 

相手には、左足を上げてもらいます。

 

これらを慣れるまで、数回繰り返します。

 

 

 

ただここで注意点ですが、足を上げる時はバランスを崩さない様に気をつけて下さい。

 

ケガをしてしまっては、本人も痛いし、楽しい雰囲気が台無しです。

 

あまり転倒のリスクを少なくする為に、イスに座ってやって下さいね。

 

そうすれば、両足を上げるのも可能になりますよっ☆

だるまさんだるまさん

やる事は先程《導入レク》で練習した事をする様になります。

 

ただし、ここでルールが1つ。

だるまさんだるまさんと最初に言葉をつけた時にだけ、指示に従ってもらう様にします。

 

例)
「だるまさんだるまさん、右手を上げて」←右手を上げます

「だるまさんだるまさん、右足を上げて」←右足を上げます

「はい、じゃあ次は左手を上げて」←左手を上げちゃダメです

 

言葉の最初に『だるまさんだるまさん』と言わなかったので、左手を上げたらダメですよね。

 

ひっかけのコツとして、最初のうちは『だるまさんだるまさん』をつけて続けますが、慣れてきた頃に「じゃあ次は」と言って下さい。

 

 

うまくひっかかると、相手も次は引っかからない様に必死になっきますし、こちらは「ニヤリッ」とドヤ顔になりますよ♪😏

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、みんなをひっかけちゃうレク【だるまさんだるまさん】を紹介しました。

 

『だるまさんだるまさん』と言って身体を動かしてもらう指示レクですが、身体全体の良い運動になります。

 

しかも、1度ひっかけてしまえば、相手も次は引っかからない様にと必死になってきますし、こちらもドヤ顔になれますよ♪😄

 

さぁ、アナタもこのレクで、最高のドヤ顔になっちゃいましょう!

 

でも、決して悪気はなく、自分が楽しんじゃおうって訳ではないですよ💦

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆