ヒップホップ なのです
czijp0 / Pixabay

『ヒップホップ』って、ありますよね♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

アメリカで生まれた文化でもあるヒップホップ。

 

ラップやブレイクダンス、DJプレイやグラフティなどが有名ですね✨

 

もちろん、「それくらい知ってるよ〜」という人もいるかと思いますが…

 

他にも、みんなで楽しく体を動かすヒップホップがあるのをご存知ですか?

 

特に肌寒い日にやれば、体も温まってポッカポカに☀️

 

今回は、みんなで楽しく体を動かすゲーム【ヒップホップ】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ヒップホップ

まずは参加者全員で円になり、隣の人と肩が当たらない程度に広がって内側を向きます。

 

 

さぁ、ゲームスタートです!

レクリーダーが「ヒップ!」と言うと、みんなはその場で軽くジャンプしながら外側を向きます。

 

 

次に「ホップ!」と言うと、みんなで軽くジャンプしながら内側を向きます。

 

 

レクリーダーはこれを連続して言い、参加者はその号令に合わせて動いていきます。

例えば「ヒップ、ヒップ、ホップ、ホップ」という具合です。

ちなみにこれは「外側→外側→内側→内側」ですね。

 

 

また、「ヒップ、ホップ、ヒップ、ホップ」など、色んな組み合わせを考えながら続けてやっていきます。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

レクリーダーの号令に合わせて外側→内側を向いていくゲームになります。

 

最初はゆっくりと確認をしながらやってはいきますが、連続してやっているとだんだん混乱してきます💦

もう外側なんだか内側なんだか分からない状態に😅

 

なので、落ち着きながら軽くジャンプしてリズミカルにやっていくと間違いが減ってイイです✨

 

みんなで円になっているので、間違えたらかなり目立ちますが…

それはそれで、笑いが飛び出して明るい雰囲気になりますよ😊

応用編

慣れてきたら、今度は横にステップをしながら、号令に合わせて動いていきます。

もし「ヒップ、ヒップ、ホップ、ホップ」なら…

横にステップしながら、外側→ステップしながらそのまま→ステップしながら、内側→ステップしながらそのまま」となります。

 

横へのステップを加えるだけで、運動量はアップ⤴︎

体もポッカポカになりますよ☀️

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、みんなで楽しく体を動かすゲーム【ヒップホップ】を紹介しました。

 

レクリーダーの号令に合わせて外側→内側を向いていく、このゲーム。

色んな組み合わせはあるので、数倍パターンの向き方が存在します。

 

でも、連続でやっていくと外側なんだか内側なんだか分からくなってくるので、落ち着いてリズミカルにやって下さいね。

 

また、慣れてきたら横にステップしながらやると、運動量もアップ⤴︎して体もポッカポッカ☀️してきますよ😁

 

さぁ、みんなで「ヒップホップ」の号令に合わせて、軽快に向きを変えちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆