もみじまんじゅう なのです
umehanayuuki / Pixabay

「もみじまんじゅう〜♪」

 

『きびだんご』よりも、ひとつ上の計算遊び♪

ちょっとした脳トレにいかがですか⁉

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

前回、計算がメインの手遊び『きびだんご』を紹介しました。

答えが『5』になる様に、計算式を入れていくモノでしたよね。

 

小学生でも分かる簡単な計算なので、誰でも楽しく参加出来ます♪

 

でも、もうちょっと難易度上げたくなりません?😅

 

大丈夫!
計算のグレードを、もう1段階UPする事の出来るレクが存在するんです✨

 

今回は、『きびだんご』よりもワンランク上の計算手遊び【もみじまんじゅう】を紹介します。

 

今度は答えが『10』になる様に計算していきますよっ☆

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずホワイトボードや黒板を用意します。

そして答えが『10』になる足し算の計算式を、みんなに言ってもらいましょう

 

これも小学生レベルの問題なので、簡単に計算式が出てくるとは思いますが…

とりあえず念の為

『0+10=10』 『1+9=10』
『2+8=10』  『3+7=10』
『4+6=10』  『5+5=10』
『6+4=10』  『7+3=10』
『8+2=10』  『9+1=10』
『10+0=10』          

 

この計算式をホワイトボードまたは黒板に書き出します。

そしてみんなと声を出して読み上げ、しっかり確認してもらいましょう。

もみじまんじゅう

ぺたぺた ぺたぺた
もみじまん10
ぺたぺた ぺたぺた
もみじまん10
◯と△で
もみじまん10

 

このおまじないに合わせて、やっていきます。

まずはこのおまじないを、2回くらいみんなで唱えて下さい。

 

『ぺた ぺた ぺた ぺた』
両手を左右に揺らしながら、両手を4回合わせます。

カスタネットをたたいている様なイメージです。

 

『もみじまん10』
「もみじまん…」は、両手で大きなもみじまんじゅうを描いてもらいます。

そうです!誰もが知っているであろう、あの有名なポーズですっ♪

「10」は、両手を開いて前に突き出します。

 

※これらの動作を、もうワンフレーズ繰り返します。

 

『◯と△で』
この◯と△には、先ほど書き出した計算式が入ります。

今度はちゃんと答えが『10』になる様に、数字を入れて下さいねっ。

当然、みんなに見える様に、指をその数字に合わせて前に出していきます。

例えば5と🖐5で🖐といった感じですね。

リーダーさんは最初の「5と?」で一旦止めて、相手が答えを言うのを待つのもOK🙆です。

 

 

『もみじまん10』
「もみじまん…」は、両手で大きな大きなもみじまんじゅうを描いてもらいます。

これでもかっ!というくらいオーバーリアクションにすると、かなり盛り上がります♪😆

「10」は、ドヤ顔で両手を開いて前に突き出します。

これらを最初から繰り返し、全ての計算式をやって下さいね。

 

 

手の動き、伝わりましたかね?

答えが『10』になる様に計算式を入れていく、この手遊び。

 

小学生でも分かるレベルの問題ですが、頭で考える事で脳の良い体操になります。

 

リーダーさんは問題が被らない様に気をつけながら、「◯と〜?」で相手に投げかけてみて下さいね。

 

相手が答えを言うまでジラすのもアリです。

 

そして何より重要なのが、それまでの動作。

 

昔の芸人さんが流行らせたネタ「もみじまんじゅう〜」は、誰でも知っているポーズなので、みんな楽しくやってくれます✨

 

しっかりオーバーリアクションで盛り上げて下さいねっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、『きびだんご』よりもワンランク上の計算手遊び【もみじまんじゅう】を紹介しました。

 

答えが『10』になる様に、◯と△に計算式を入れていく、この手遊び。

 

『きびだんご』の5に比べて、計算式の種類も多くなっています。

 

でも、小学生レベルの計算なので、簡単に参加出来るし、頭の体操にもなりますね。

 

しかもポイントは、それまでの動作です!

 

誰でも知っているであろう有名な「もみじまんじゅうポーズ」をする事で、その場は大盛り上がり😆

いつもよりオーバーリアクションで盛り上げて下さいねっ☆

 

さぁ、あなたも「もみじまんじゅう〜♪」と大きく描いて楽しんじゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆