おおきなくりのきのしたで なのです
Nennieinszweidrei / Pixabay

秋の食材を使った、懐かしい手遊✨

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

秋の味覚の一つとして食べたくなるのが、栗です🌰

 

焼き栗にしたり…
栗ご飯にしたり…

 

栗を食べたいが為に、大きな栗の木の下で栗拾いに励んだ人も多いですよね。

 

私も秋になれば、よく栗拾いに行ってましたっけ✨

何だか宝探しみたいで、意外と楽しいんですよねっ♪

 

今回は、そんな栗を使った手遊び歌【おおきなくりのきのしたで】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

おおきなくりのきのしたで

おおきな くりの きのしたで
あなたと わたし
なかよく あそびましょう
おおきな くりの きのしたで

 

この歌に合わせて、やっていきますよ。

 

『おおきな くりの』
両手足を伸ばして、大の字になって、大きな栗の木を表現します。

 

自分が大きな栗の木になっているイメージでOKです。

 

『きの』
そのまま両手を頭に、ポンッと軽くタッチします。

 

『した』
続けて両手で肩を、ポンッと軽くタッチ。

 

『で』
両手を下ろして、軽くきょうつけをします。

 

『あなたと』
リズムに乗りながら、人差し指で相手を指差します。

 

もし相手がいなければ、目の前に何かがいると仮定して指差して下さいね。

 

『わたし』
リズムに乗りながら、自分を指差します。

 

『なかよく』
「なか」で、片方の手を胸にあてます。 

 

「よく」で、もう片方の手もあてて、胸の前で腕が交差する様にします。

 

『あそびましょう』
身体をリズムに乗りながら、軽く左右に揺らします。

 

これは少しオーバーにやっても構いません。

 

『おおきな くりの きのしたで』
大の字になって、頭⇒肩を軽くタッチします。

 

両手を下ろしたら、相手と見つめ合って、ニコっ♪とスマイルです🤗

 

 

手の動き、伝わりましたかね?
これは幼い頃にだれもが歌った事のある手遊び歌です。

 

コツは「あそびましょう」で、身体を左右に振る時、オーバーリアクションする事ですね。

 

楽しそうだな♪っていう雰囲気が出ますし、周りから笑いが出る事も。 

 

あと、最後に最高のスマイルを忘れずに☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、栗を使った手遊び【おおきな くりの きのしたで】を紹介しました。

 

幼い頃に誰もが歌った事のある手遊び歌なので、お子様から年配の方まですぐに歌って楽しめる手遊び歌です。

 

「あそびましょう」で、オーバーに左右に身体を揺らして楽しい雰囲気を醸し出して下さいね。

 

あと、最後のスマイルが出来れば完璧♪

 

さぁ、みんなで「最高のスマイル」を決めちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆