三三七拍子 なのです
rawpixel / Pixabay

自分に「ちょっと気合いを入れたい」って思う事、ありますよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

少し気分が乗らない時とか…
少し疲れている時とか…
少し睡魔が襲ってきた時とか…

 

自分に気合いを入れて、身も心もシャキッ!としたいですよね。

 

そんな時にうってつけなのが、「三三七拍子」

 

野球の応援団がよくやっているのを、ご存知ですか?

 

今回はそんな気合いの入るレク【三三七拍子】を紹介します。

 

これをやると、シャキッ!と気合いが入りますよっ☆

スポンサ-ドリンク

導入レク

レクリーダーは片方の腕を斜め上に、もう片方の腕を斜め下に、腕を伸ばして下さい。

 

上の腕と下の腕を伸ばしたまま、ゆっくりと入れ替えます。

 

その時の両手が重なる所で、相手に手をたたいてもらいます。

 

これを慣れるまで、数回繰り返して下さい。

 

 

ハッキリ言って、これだけでも十分1つのレクとして成り立ちます。

 

重なる直前で、止めてフェイントをかけてみたり、急に速くしてみたりと、結構進める側も楽しめますよ♪

三三七拍子

パン!パン!パン!
パン!パン!パン!
パンパンパンパンパンパンパン!
速く拍手12回  パン!パン!

 

この拍子に合わせて、たたいていきます。

 

先程《導入レク》で練習した事を、三三七拍子のリズムに合わせてもらいます。

 

拍手をする時は、両手を重ねたままにして下さいね。

 

 

手の動き、伝わりましたかね?

要はリーダーの手が重なった時にだけ手をたたいてもらい、三三七拍子のリズムに合わせるだけ!

 

簡単ですね☆

応用編

応用編と言っても、三三七拍子の回数を増やすだけになります。

 

まず3回⇒3回⇒7回たたきます。

 

その後、拍手に入らずに続けてもう1度最初からたたきます。

 

3回⇒3回⇒7回だけを計3セット続けた後、拍手に入って最後2回たたいて終わります。

 

 

これをやった後、心の奥底で「何だかとってもやりきった感」が生まれます✨

 

とっても気合い入りますよっ!

 

ちなみに、相手は手をたたくだけなので簡単ですが、上手くやるには進める側、つまりあなたの腕にかかっています。

 

これをやる前には、しっかり練習してイメージトレーニングをして下さいね。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、気合いが入るレク【三三七拍子】を紹介しました。

 

これは《導入レク》の部分だけでも、十分楽しめます。

 

しかも、三三七拍子のリズムに合わせる事で、みんなとの一体感が味わえちゃいます♪

 

さらに連続で三三七拍子を続ける事で、「やりきった感」も体験出来ますね。

 

ただ、進める側はしっかり練習をしておいて下さいね。

 

途中で間違えて、全てを台無しにしてしまっては、みんなの気持ちがダウン⤵︎してしまいますから。 

 

さぁこのレクで、あなたも✨シャキッ✨と気合いを入れちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆