本物はだれだ?② なのです
StockSnap / Pixabay

「一体、誰の演技が本当なの⁉︎」って思っちゃう、楽しいゲーム♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

前回、パーティなどの出し物でオススメなレク『本物はだれだ?』を紹介しましたが…

 

実は、これにも別バージョンが存在します。

これまた、その人の演技力が試される楽しいゲームが✨

 

今回は、アナタの演技力がモノをいう楽しいゲーム【本物はだれだ?②】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

本物はだれだ?②

 

準備する物
・カーテンやブルーシートなどの大きな布

・ロープ(チーム数分)

 

まずは参加者で、何組かのチームを作ります。

メンバー内で、各チーム名を決めると団結力が生まれますよ。

 

 

各チームから代表者に1人ずつ出てきてもらい、横に並びます。

レクリーダーはロープのはしを持ち、目う一方を代表者の誰かに持ってもらいます。

 

 

次にロープを持った代表者の手の上に、カーテンやブルーシートをかぶせます。

他の代表者達もかぶせた中へ腕を伸ばし、誰か1人にそのロープを握らせます。

ここで誰にロープが渡ったか、まわりの人達に分からない様にしましょう。

 

 

ロープをピンッと張ったら、ゲームスタートです!

代表者達は、あたかも自分がロープを持っているかの様にアピールします。

ロープを持っている人も、そうでない人も腕を伸ばしたまま、演技派俳優顔負けの演技でロープを引っ張ったりしましょう。

 

 

まわりの人達は、誰が本当にロープを持っているのか当てていきます。

全員の回答が出たら、布を取って答え合わせをしましょう。

 

 

見事に当てる事ができたら、そのチームに1点入ります。

これを何回が繰り返して、1番勝ち点の多かったチームの勝利になります。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

誰が本当にロープを持っているのか、みんなで当てていくゲームになります。

 

『本物はだれだ?』のロープバージョンですね♪

 

ポイントはやっぱり『いかに自分がロープを持っている様に演技できるか』になってきます。

 

本当にロープを持っていなくても、あたかも自分がロープを持っているかの様に演技すれば、気分はもう演技派俳優♪

 

みんなの視線を自分に向けさせる事ができれば「してやったりっ♪」という気分を味わえちゃいます😁

 

当てる側も、演技に惑わされずしっかりと観察して、誰が本当にロープを持っているのかを見極めて下さいね。

 

これも、お互いの観察力と演技力が物を言う、盛り上がるゲームですよ☆

演技のコツ

・『私がロープを持っているよ感』をアピールする為に、「フンッフンッ!」や「よいしょー!」など、声を出すのも良いです。

 

鬼気迫った表情をするのもアリですよ。

 

・本当にロープを持った人も、必要以上にアピールすれば「あ、この人は持ってないな〜」と思わせる事ができます。

 

これも相手の心理を逆手にとった演技ですね。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、アナタの演技力がモノをいう楽しいゲーム【本物はだれだ?②】を紹介します。

 

誰が本当にロープを持っているのか、みんなで当てていく、このゲーム。

 

『本物はだれだ?』のロープバージョンですね♪

 

ポイントは『いかにみんなに分からない様に、ロープをシャッフルさせるか』と『自分がロープを持っているかの様に演技できるか』になりますね。

 

これを上手くこなせば、気分はもう実力演技派俳優♪

 

当てる側も、しっかり観察して「誰が本当にロープを持っているのか」を見極めて下さいね。

 

お互いの観察力と演技力が物を言う、楽しいゲームですね♪

 

これも演技をすればするほど盛り上ってくるので、パーティや忘年会の出し物にオススメですよ☆

 

さぁアナタも独自の演技力で、みんなにアピールをしちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆