足じゃんけん なのです
shelley_shang / Pixabay

誰しも幼い頃に、よくやっていた遊びってありますよね。

 

かくれんぼだったり…
なわとびだったり…
けんけんぱだったり…

 

どれも懐かしい遊びってばかりで、よく暗くなるまで遊んだあの頃が思い出されます✨

 

その中でも私が1番思い出深い遊びが、足を使ったじゃんけん【足じゃんけん】です。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

大好きだったあの子と、よくやっていた【足じゃんけん】…💕

…っと、私の淡い思い出は置いといて💦

 

今回はじゃんけんレク第3弾!
【足じゃんけん】を紹介します。

 

このレクの動作は簡単なので、子供から大人まで幅広い年代でも楽しめますよっ☆

※今回も椅子に座った状態を前提に、説明します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

1.足を肩幅くらいに開いた状態から、グッと足をくっつけて閉じます。

肩幅⇒グッ⇒肩幅⇒グッを2回程繰り返して下さい。

 

2.次に片方の足を前に、もう片方の足を後ろにチョンッと出します。

肩幅⇒チョンッ⇒肩幅⇒チョンッを2回程繰り返します。

 

3.最後に両足をパッと開きます。

これも同じ様に、肩幅⇒パッ⇒肩幅⇒パッを2回程繰り返します。

 

無理をせず出来る範囲でやってもらいます。

あまり無理をして、足が痛くなってはいけないので…

足じゃんけん

普通のじゃんけんとルールは変わりませんが、その名の通り足を使って『グー』『チョキ』『パー』をやってもらいます。

 

グー:グッと足をくっつけて閉じる。

 

チョキ:片足を前に、もう片足を後ろにチョンッと出す。

 

パー:両足をパッと開く。

 

先程《導入レク》で練習した事の応用になります。

 

結構簡単で、つい夢中になってヒートアップしたりしますが…

椅子に座っている状態なので、体制を崩して椅子から落ちない様に注意して下さいね。

応用編

このレクも前回紹介した「後出しじゃんけん」の要領でやっていきます。

 

「じゃんけんぽん!ぽん!という具合に自分が出した後、相手にもすぐに出してもらいます。

最初は自分に勝つのを、慣れたきたら今度は負けるのを出してもらう様に変えていきます。

 

でも、これは1人対大勢の場合。

もし1人対1人でやるのなら、双方同時に「じゃんけんぽん!ぽん!」と出して下さいね。

 

ただ、1人対1人の場合は、どうしても出す速度が速くなってくるので…

 

途中から勝っているのか負けているのか、自分が何を出しているのか分からなくなってくるので、気を付けて下さいね💦

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、じゃんけん第3弾【足じゃんけん】を紹介しました。

 

これは足をしっかり動かすので、足の良い運動になります。

しかも、応用させる事で、またひと味違ったじゃんけんを体験できます。

 

ただ、夢中になり過ぎて、足を動かしている時に体制を崩して転倒…というのだけは無い様に十分注意して下さいね。

どんなに楽しいレクであっても、怪我をしてしまってはいけないですから…💦

 

その点だけは頭において、みんなで【足じゃんけん】を楽しんで下さいね!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆