渡って☆天の川 なのです
sasint / Pixabay

天の川』って、キレイですよね🌌

まるで夜空を横切る様な、雲状の光の帯✨

ミルキーウェイとも呼ばれますよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

毎年、天の川を眺めながら、織姫と彦星が年に1度、天の川を渡って会えるんだあ…としみじみ思ってしまいます😊

でも、どうやって渡ってくるんでしょうね…

川の中を歩いて?

バシャバシャ泳いで?

それとも彦星がウシに乗って?

橋でもかかれば、すぐに会えるんですけどね😅

 

そんな織姫&彦星に朗報!
川に入る事なく、簡単に渡る事の出来るレクがあるんです!

ちょっとした時間制限はあるものの、簡単に天の川を越えて会いに行ける、楽しい遊びが✨

 

今回は、急いて天の川を渡っていく、新聞紙を使った遊び【渡って☆天の川】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

渡って☆天の川

準備する物
・1/4にたたんだ新聞紙2枚(予備で数枚あった方が良い)
・バスタオル2枚

 

まずは2人組になり、織姫役、彦星役を決め、向かい合います。

2人の間にバスタオルを2枚敷き、お互い後ろへ10歩下がります。

たたんだ新聞紙は彦星役が持ち、1枚だけ足の下に敷いて、その上に乗ります。

 

さぁ、チャレンジスタートです!

織姫役は大きな声で『たなばたさま』を1番だけ歌います。

その間に、彦星役はもう1枚を前に敷き、その上に移動します。

 

新聞紙を1枚敷く→移動→1枚回収→1枚敷く→移動→1枚回収 を繰り返してどんどん進んでいき、織姫の所まで移動します。

歌の間に見事織姫まで辿り着ければ成功、新聞紙から出てしまったり、歌の間に辿り着けなかったら失敗になります。

1回ごとに役を交代して下さいね。

 

遊び方、伝わりましたかね?

織姫役が歌っている間に、新聞紙を敷きながら移動していく、新聞紙遊びになります。

 

彦星役は、新聞紙を1枚敷く→移動→1枚回収→1枚敷く→移動→1枚回収 繰り返してどんどん進んでいきますが…

歌が終わるまでに織姫の所まで辿り着ければいけないので、かなり忙しいです💦

 

焦って新聞紙から出ても失敗になるので、急ぎながらも落ち着いて移動しなければいけません。

 

コツとしては、『リズムに乗る事』ですね。

テンポ良くポンポンポンと動いていけば、より早く進めますし、体制を崩す事も少なくなります。

もう、勢いでやって下さいね😆

応用編

慣れてきたら、今度は彦星の人数を増やしていきます。
例えば、織姫1人、彦星5人といった感じです。

 

歌が始まった途端、競争が始まるので、より白熱します。

かなり盛り上がりますよっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、急いて天の川を渡っていく、新聞紙を使った遊び【渡って☆天の川】を紹介しました。

 

織姫役が歌っている間に、新聞紙を敷きながら移動していく、この新聞紙遊び。

 

彦星役は、新聞紙を1枚敷く→移動→1枚回収→1枚敷く→移動→1枚回収 を繰り返してどんどん進んでいきますが…

これ、結構忙しいです💦

テンポ良くポンポンポンと進んで行ければ、早く進めるんですけどね♪

 

また、慣れてきたら彦星役を多くして競争すると、みんな負けまいと必死になるので、みんな大盛り上がり😆

急いで織姫の所まで、移動して下さいね☆

 

さぁ、あなたも新聞紙を使って、天の川を越えて織姫に会いに行っちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆