あたまかたひざポン なのです
1866946 / Pixabay

簡単に全身に刺激を与えてみたいですよね♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

簡単に全身に刺激を与えるレクで【あたまかたひざポン】があります。

 

歌に合わせて体を触っていく、あの手遊びですね😁

 

しっかりと全身を動かしていくので、良い運動になりますよっ☆

スポンサ-ドリンク

導入レク

1.レクリーダーさんは大きな声で「頭!」と叫びます。

そして相手の人は、頭を両手で押さえます。

2.次に「肩!」と叫びます。

相手の人は、両肩に手を置きます。

3.最後に「ヒザ!」と叫んで下さい。

相手の人には、両ひざへ手を置いてもらいます。

これを慣れるまで、数回繰り返していきます。

時間に余裕があれば、「目」「耳」「鼻」「口」も同じ様に押さえてもらいましょう。

 

簡単な準備運動ですが、これだけでも結構楽しめます♪

あたま・かた・ひざ・ポン

あたま かた ひざ ポン
ひざ ポン ひざ ポン
あたま かた ひざ ポン
め みみ はな くち

 

この歌に合わせて、やっていきます。

1.「あたま」で、両手を頭に。

2.「かた」で、両手を肩に。

3.「ひざ」で、両手をヒザに。

4.「ポン」で、手を1回たたきます。

5.「ひざ ポン」で、両手をひざに当てて、すぐ手を1回たたきます。

もう1度繰り返してもらいます。

6.もうワンフレーズ繰り返した後、「め」の時に、両手で目をおおいます。

7.「みみ」で、両耳を両手で押さえます。

8.「はな」で、両手で鼻をおおいます。

9.「くち」で、両手で口を押さえます。

 

遊び方、分かりましたかね☆

 

簡単な動きなので、みんなスグにできると思います。

 

これは《導入レク》でやった事の応用になります。

 

この導入レクでしっかり練習して慣れておけば、《本命レク》もスムーズにすすめる事が出来ちゃいますよっ✨

応用編

ここでは、以前「弁慶レク」で紹介した《応用編》が使えます。 

 

最初はとても遅い速度から始めて、最後にはとても速い速度へと、段階を踏んで速くしていく…というモノですね。

 

更に説明する必要もなく、シンプルなので、相手の人もすぐにやってもらえます。

やっぱり、シンプルなのが1番♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は【あたまかたひざポン】を紹介しました。

 

頭、肩、ヒザと腕を動かしていくので、全身の良い運動になります。

 

しかも、動きを速くする事で集中力を鍛えられますし、頭への良い刺激になりますね♪

 

さぁこのレクで、頭、肩、ヒザをしっかり触っちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆