進化じゃんけん(人) なのです
OpenClipart-Vectors / Pixabay

「お宅のお子さん、ちょっと見ないうちにもうこんなに大きくなっちゃったんザマスねぇ〜」

 

これ、奥様方の間でよくある会話ですよね😅

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

当然の話、毎日見ているとあんまり分からないけれども、久しぶりに見るとすごく成長した様に見えるモノ。

 

人間、スグには成長しませんが、日々少しずつ成長していっています✨

 

でもね、レクにはスグに成長しちゃう遊びがあるんですっ♪

 

あれっ!さっきまで赤ちゃんだったのに、もうおじいちゃんになってる⁉️」という、凄まじく早く成長出来るじゃんけん遊びが。

 

今回は、そんなスグに成長出来ちゃうじゃんけん遊び【進化じゃんけん(人)】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

・ここでは、進化する生物の練習をしていきます。

赤ちゃん:両手と両ヒザをついてハイハイをします。

掛け声は「バブバブ」です。

 

子供:両腕を振りながら、ヒザをついて動きます。

掛け声は「ワーイ、ワーイ」です。

 

大人:両手を両腰につけ、立って歩きます。

掛け声は「ワッハッハ」です。

 

おじいちゃん:両手を腰の後ろで組み、腰を曲げて歩きます。

掛け声は「ヨボヨボ」です。

 

「赤ちゃん!」の掛け声で赤ちゃんポーズを、「子供!」の掛け声で子供ポーズ、「大人!」の掛け声で大人ポーズという様に、それぞれのポーズを慣れるまで繰り返しやっていきます。

進化じゃんけん(人)

まず、みんな「赤ちゃん」の状態から始めます。

ハイハイで動き回りながら、赤ちゃん同士でじゃんけんをします。

 

じゃんけんに勝った人は、1段階成長して子供になれます。

負けた人はそのままです。

 

今度は「子供」の人を見つけて、子供同士でじゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人は、また1段階成長して大人になれます。

 

その間、赤ちゃんの人は同じ赤ちゃんの人とじゃんけんをして成長していきます。

 

次に「大人」の人を見つけて、大人同士でじゃんけんをします。

これでじゃんけんに勝った人は、最終形態のおじいちゃんになれます。

 

最後は「おじいちゃん」同士でじゃんけんをして、勝てばゲームクリアです。

 

エリアから外に出て、みんなの頑張っている姿を見ながら、応援してあげて下さいねっ☆

 

みんなが「おじいちゃん」になり、最後の1人になった時点でゲーム終了です。

遊び方のコツ

大人数で出来る遊びなので、みんなに自分を見つけてもらえる様に、各ポーズをオーバーリアクションでやって下さい。

鳴き声も大きな声でやると、目立ちますよっ☆

 

じゃんけんに負けると、「大人」から「子供」へと退化していくルールにしても面白いかもしれません。

 

最後までだと結構時間がかかるので、時間制限をしたり、半分の人数が抜けたら終わりにしたりという風に決めておくとイイです。

 

遊び方、伝わりましたかね?

じゃんけんに勝って「赤ちゃん」→「子供」→「大人」→「おじいちゃん」と、どんどん成長していく、このじゃんけん遊び。

 

大人数で楽しめ、かなり盛り上がります。

 

うまくじゃんけんに勝っていけばさっきまで赤ちゃんだったのに、もうおじいちゃんなってる⁉️」という事も。

 

猛スピードで成長する事が出来ますね。

 

またじゃんけんに負けたら退化したり、時間制限を決めたりと、独自のルールを決めておくと更に楽しめますよっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、どんどん成長出来ちゃうじゃんけん遊び【進化じゃんけん(人)】を紹介しました。

 

じゃんけんに勝って「赤ちゃん👶」→「子供👦」→「大人👨」→「おじいちゃん👴」と、どんどん進化していく、このじゃんけん遊び。

 

これも《導入》の時点で、各ポーズをしっかり練習しておけば、スムーズに進める事が出来ます。

 

ゲームの最中は、みんな必死になって周りが見えなくなるので、同じモノ同士を見つけにくくなります。

 

ですので、各ポーズをオーバーリアクションで、掛け声も大きな声でやると見つけやすくなりますね。

 

しかも、じゃんけんに負けると『退化』したり時間制限をしたりと、あらかじめルールを決めておくと、スムーズに進める事が出来ます。

 

大人数で楽しめるうえに、かなり盛り上がれるじゃんけん遊びですよっ☆

 

さぁ、このじゃんけん遊びをしながら、もの凄いスピードで成長しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆