あぶくたった なのです
geralt / Pixabay
「鬼」って、少しイヤなイメージがあるモノですよね。   どーも、元・介護員のぴょろです。 楽しくレクをやられてますか?   鬼ごっこだったり… かくれんぼだったり… あまり鬼にはなりたくないモノですよね😓   でも何と! みんなが鬼になりたがるモノがあるんです! しかも3部構成で、ストーリー性のある楽しい伝承遊びが☆   今回はそんな、みんなが鬼になりたがる伝承遊び【あぶくたった】を紹介します。

あぶくたった

♠︎あぶくたった にえたった にえたかどうだか たべてみよ ムシャムシャムシャ まだにない   ♣︎あぶくたった にえたった にえたかどうだか たべてみよ ムシャムシャムシャ もうにえた   ♦︎とだなにしまって カギをかけて ガチャガチャガチャ ごはんをたべて ムシャムシャムシャ おふろにはいって ゴシゴシゴシ ふとんをしいて さぁねましょ   ❤︎トントントン(なんのおと?) かぜのおと (あーよかった) トントントン(なんのおと?) オバケのおと!(キャーッ!)   この歌に合わせて、やっていきます。   まず始めに鬼を1人決めます。 他の人は手をつなぎ、鬼を囲んで円になります。   鬼は両手で顔をかくし、目を伏せたまま円の中心でしゃがみます。 鬼はずっと座ったままになります。   鬼の周りをみんなで歌いながら動いていきます。   『あぶくたった にえたった にえたかどうだか たべてみよ』 手をつないだまま、鬼の周りを歌いながらグルグル歩いて回ります。 鬼の頭や体に触っても良いです。   『ムシャムシャムシャ』 鬼の方を向いて、食べるマネをします。   『まだ にない』 首を横に振り、片手を左右に振ります。   ※♠︎のパートは、2〜3回位繰り返して、鬼を焦らして下さい。   『もう にえた』 鬼の後ろで、歌いながらみんなでうなずきます。   『とだなにしまって カギをかけて ガチャガチャガチャ ごはんをたべて ムシャムシャムシャ おふろにはいって ゴシゴシゴシ』 ・歌いながら、その場で歌詞に合わせたマネをします。 鬼に軽くおさわりするのもアリです。   『 ふとんをしいて さぁねましょ』 みんなでその場にしゃがんで寝るマネをします。 鬼は立って、円の外側に移動します。   『トントントン(なんのおと?)』 鬼が「トントントン」と大きな声で言った後、みんなは「なんのおと?」と聞き返します。   『かぜのおと(あーよかった)』 鬼が「かぜのおと」と言った後、みんなは「あーよかった」と、大げさに胸を撫で下ろします。「トムと◯ェリー」の様なイメージで。   ※鬼は「新聞屋さんの音」「物が落ちた音」など答え、みんなはそのたびに「あーよかった」と答えて寝ます。   『オバケのおと!(キャーッ!)』 鬼が「オバケのおと!」と大声で言った後、みんなは「キャーッ!」と一斉に逃げ出します。 ここからは普通の鬼ごっこが始まり、最初にタッチされた人が次の鬼になります。     遊び方、伝わりましたかね? 3部構成になったストーリー性のある、この伝承遊び。   次の鬼に変わるまでが少し長いですが、それまでの工程がかなり楽しいです♪😁   鬼も「次は何て言っちゃおうか?」とワクワク出来るので、みんな鬼をやりたがります。   また煮えた後、寝るまでの工程や鬼とのやりとりがクセになっちゃいますねっ☆

遊び方のコツ

⚪︎煮えてから寝るまでの間のストーリーは、自分だけのオリジナルストーリーをやっても面白いです。 答え方で、その人の生活習慣が分かっちゃう…かも。   ⚪︎鬼の尋ねる時の「かぜのおと」などもオリジナルで答えても面白いです☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか? 今回は、みんなが鬼をやりたがる伝承遊び【あぶくたった】を紹介しました。   3部構成でストーリー性のある、この伝承遊び。 煮えてから、鬼ごっこになるまでがとっても楽しいです。   しかも自分だけのオリジナルストーリーで答えていけば、みんなも違った雰囲気に大興奮。   次第に鬼をやりたがる人が増殖していきますよっ♪   さぁこの伝承あそびで、みんな鬼をやり尽くしちゃいましょう! 長文になりましたが、ありがとうございます。
スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆