顔じゃんけん なのです
Deedster / Pixabay

「じゃんけん」って色々なバリエーションの遊び方がありますよね♪

そのうちの1つ、顔を使ったじゃんけんをピックアップ!

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

一般的に手を使ってやるのが多いのですが、他にも手以外を使うじゃんけんがあるんですよね。

その名も顔を使った顔じゃんけんです。

 

この顔じゃんけん、顔全体を使うので、とっても体に嬉しい効果があるんです✨

 

今回は、顔全体を使うじゃんけん【顔じゃんけん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まずは顔の体操&発声練習です。

 

口はギュッと閉じ、顔全体をすぼめて「ん〜」と声を出します。

元に戻して→すぼめて声出し→元に戻すを数回繰り返します。

 

次に口を前に突き出す様に、とんがらせて「う〜」と声を出します。

これも同じ様に数回繰り返します。

 

今度は口を大きく開けて「あ〜」と声を出します。

目も鼻も開く様なイメージでやると、効果的です。

同じ様に数回繰り返して下さい。

 

まずレクを始める前にやっておきたいのが、この顔の体操&発声練習。

 

顔を動かす事で顔全体に刺激を与え「顔の肌の活性化」「小顔の効果」が期待されます。

 

また、声も出す事で「血行促進」「覚醒効果」などなど、身体に良い事がたくさんあります。

 

どのレクの導入でも、毎日やって欲しい準備運動ですよっ☆

顔じゃんけん

・まず重要な『グー、チョキ、パー』のやり方です。

 

『グー✊』:口をギュッと閉じます。

『チョキ✌』:口を前に突き出す様に、とんがらせます。

 

『パー✋』:口を大きく開きます。

 

2人組を作り、向かい合ってお互いの目を見つめます。

この瞬間から、勝負は始まっています。

 

お互い「最初はグー!」と同時に叫びます。
口を閉じて、グーのポーズです。

 

「じゃんけん!」と叫んだ後、「ぽん」ではなく「ん〜〜!」で、グー、チョキ、パーのいずれかを顔を使ってやります。

勝敗のルールは、普通のじゃんけんと一緒です。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

手ではなく、顔全体を使って勝負する『顔じゃんけん』

 

顔全体を動かすので「顔の肌の活性化」や「小顔効果」など、とっても嬉しい効果があります。

 

顔を色々な表情に変えていくので、顔の筋肉も鍛えられます。

 

とってもいい事ずくめなんですよっ☆

 

あと注意すべき点として、「じゃんけん!」の後は、「ぽん!」ではなく「ん〜〜!」になります。

 

どうして「ん〜〜!」なのかというと…

口を閉じるから、喋れないんですよね💦

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、顔全体を使うじゃんけん【顔じゃんけん】を紹介しました。

 

普通のじゃんけんに比べて、少し難しいこのじゃんけん。

手を使いたくなりますが、顔を動かす事で勝負が決まります。

 

しかも、顔を動かす事で「小顔効果」「顔の筋肉を鍛える」などの効果があります。

 

いつものじゃんけんとは違うので、戸惑うかもしれませんが、慣れると色々な顔が余裕で出せる様になってきますよ。

 

また、夢中になってやり続ける事で、顔の筋肉を鍛えられます。

 

レクの前に《導入レク》を毎日やっていく事で様々な嬉しい効果がありますが、一度にやり過ぎるのは注意して下さいね。

 

顔の筋肉痛になってしまってはいけないので、準備運動だけは入念にっ。

 

このじゃんけんで、あなたも楽しみながらながら顔の筋肉を鍛えちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆