ブーメラン なのです
Mariamichelle / Pixabay

『ブーメラン』って、ありますよね。

 

あの「へ」の字の形をした遊び道具です✨

 

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

思い切り投げて遊ぶ『ブーメラン』

 

私も、誰が1番遠くまで飛ばせれるか競ったモノです♪

 

もちろん、弧を描いて戻って来ないといけないですけどね😅

 

実は、そんなブーメランをテーマにしたレクがございます✨

 

ブーメランの様に、行ったら戻って来なきゃいけない楽しいゲームが♪

 

今回は、あの遊び道具をテーマにしたゲーム【ブーメラン】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ブーメラン

準備する物
・バンダナ
・ストップウォッチ

 

まずは参加者全員で2チームに分かれます。

各チーム内でチーム名を考えてつけると、団結力が増しますよ。

 

 

両チームでスタートラインに1列に並びます。

前列の人はバンダナを握りしめます。

 

 

さぁ、ゲーム開始です!

レクリーダーの合図で、前列の人は制限時間30秒〜60秒の間に、できるだけ遠くにバンダナを置いて戻ります。

 

 

もし制限時間内に戻って来れないと失格です。

両者とも制限時間内に帰ってきたら、遠くまで置いてきた方のチームに1点入ります。

 

 

またレクリーダーの合図で、次の第2走者がスタートします。

このまま第3走者、第4走者と合図するたびにスタートしていき、全員が終わった時点で得点が多かったチームの勝利になります。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

制限時間内に、できるだけ遠くへバンダナを置いて帰ってくるゲームになります。

 

遠くまで行って戻ってくる姿は、まるでブーメランの様ですね♪

 

このゲームはどちらが早く戻って来るかではなく、どちらが遠くまで置いて戻って来れるかなので、第1走者、第2走者と区切ってスタートします。

 

もちろん制限時間はあるので、制限時間内に置いて戻って来ないと失格になってしまいますが…💦

 

区切ってスタートする分、落ち着いてゲームを楽しめそうですね♪

応用編

人数さえ揃えば、場所を選ばずどこでもできますが…

 

もし、木がたくたんある場所なら『どちらが遠くの木にバンダナを結んで来れるか⁉︎』というルールにしても面白いですよ😁

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、あの遊び道具をテーマにしたゲーム【ブーメラン】を紹介しました。

 

制限時間内に、できるだけ遠くへバンダナを置いてこれるかを競う、このゲーム。

その姿はまるでブーメランです♪

 

普通の競争とは違い、『どちらが遠くまで置いて来れるか⁉︎』を競うので、落ち着いてゲームを楽しめます😊

 

場所にもよりますが、木の多い場所では『どちらが遠くの木にバンダナを結んで来れるか⁉︎』というルールにしても面白いですよ☆

 

さぁ、あなたもブーメランの様に、遠くまで行って戻って来ちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆