うさぎさん・たぬきさん なのです
OpenClipart-Vectors / Pixabay

伝言ゲーム』って、ありますよね。

 

ある言葉を隣の人へ伝えていき、最後の人まで間違えずに伝えるゲームですね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

普通は言葉で伝えるのが『伝言ゲーム』ですが…

 

実は、言葉を使わない伝言ゲームもあるんですよっ☆

 

しかも、『伝言ゲーム』も『じゃんけん遊び』もできちゃう、夢の様なゲームが✨

 

今回は、伝言ゲームとじゃんけんのコラボレーション【うさぎさん・たぬきさん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

うさぎさん・たぬきさん

準備する物
・長いテーブル(数は人数によって調整)
・シーツ

 

まずは、参加者全員で2チームに分かれましょう。

片方は「うさぎさんチーム」、もう片方は「たぬきさんチーム」です。

各チームでリーダーを1人決めて下さいね。

 

 

次に両チームが向かい合うように、テーブルを並べます。

相手チームからテーブルが見えないように、シーツをかけて隠しましょう。

チーム全員がテーブルについて、1列に並びますね。

 

 

各チームのリーダーは、じゃんけんで何を出すかを頭の中で決めます。

相手チームや自分のチームにも分からないように、声に出さないで下さいね。

 

 

各チームリーダーは、テーブルの下で隣の人の手に触れて、じゃんけんで何を出すか伝えていきます。

伝わったら、また次の隣の人の手に触れていき、最後の人まで伝えていきましょう。

最後まで伝わったら、最後の人は手を上げて合図します。

 

 

さぁ、勝負開始です!

うさぎさん、たぬきさんチーム全員でじゃんけんをしましょう。

 

 

もし、伝言が上手くいかずに1人でも間違った人がいたら、そのチームの負けになります。

お互いに間違っていたら、引き分け。

お互いに全員合っていたら、じゃんけんの勝ち負けで勝敗を決めます。

負けたチームは、全員でバツゲームをやっちゃいましょう。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

チーム全員でじゃんけんをする、じゃんけん遊びになります。

 

要は「リーダーが何を出すか決める隣の人に手に触れて伝える次の隣の人へ伝える最後の人が手を上げる勝負 」という流れですね。

 

コツは『いかに上手くチーム全員に伝えるか⁉︎』です。

 

テーブルの下で伝えるので、見る事はできませんが…

 

しっかり手を触って、グー✊チョキ✌️パー✋のどれかなのか予想しましょう。

 

じゃんけんをした時に全員が同じモノを出せていたら、とっても嬉しい気持ちに包まれますよっ😊

 

たとえ、じゃんけんで負けていたとしてもね♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、伝言ゲームとじゃんけんのコラボレーション【うさぎさん・たぬきさん】を紹介しました。

 

要は「リーダーが何を出すか決める隣の人に手に触れて伝える次の隣の人へ伝える最後の人が手を上げる勝負 」という流れの、伝言じゃんけんです。

 

いかに上手くチーム全員に伝えるか⁉︎』がポイントになり、勝負を左右します。

 

見事全員に伝わった時の一体感は、じゃんけんに負けたとしても、とても嬉しくなっちゃいますね♪

 

実は『お座敷遊び』でもおなじみの遊びなんですよっ😆

 

さぁ、隣の人の手をしっかり触って、また次の人へと上手く伝えちゃいましょう☆

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆