後出しじゃんけん なのです
cuncon / Pixabay

私達が生まれる前から親しまれていて、今でも活躍している遊びってありますよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

昔から親しまれている遊びといえば…

「じゃんけん」ですね

 

「グー」「チョキ」「パー」を出すだけの単純な遊びなのに、その奥の深い事深い事。

 

名前は多少違えど、世界共通の遊びが「じゃんけん」なんです。

 

今回は、誰もが必ず知っている「じゃんけん」を使ったレク【後出しじゃんけん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

後出しじゃんけん

まず最初に「これからじゃんけんをしますが、私に勝つ様に手を出して下さい」と説明をして下さい。重要

 

レクのリーダーが、大きな声で「じゃんけん!」と叫びます。

 

そして「ぽん!」と叫ぶのと同時に、手を高々と相手に見える様に上げます。

 

 

リーダーが「グー」「チョキ」「パー」のいずれかを出したら、相手にも「ぽん!」と言いながらすぐに出してもらいます。

 

速さ的には「じゃんけんぽん!ぽん!」という感じで。

これを数回繰り返します。

 

 

始める前に「私に勝って下さい」としっかり説明しておかないと、負けるのを普通に出す人がいるので、注意して下さいね。

応用編 その1

最初に「今度は私に負ける様に手を出して下さい」と説明して下さい。☜重要

 

先程と同じ様にして、リーダーが手を高々と上げます。

 

 

今度は相手に負ける様に、手を出してもらいます。

 

リーダーは相手が出し終えたら、しっかり周りを見渡して下さいね。

 

必ずと言って良い程、勝つのを出している人がいますので…

負けず嫌いの人がおられますねぇ~😁とその人をイジっちゃいましょう♪

応用編 その2

※やる事はほとんど変わりませんが、ちょっぴり難しくなります。

 

リーダーが「じゃんけん!」と叫んだら、「ぽん!ぽん!」と2種類出します。

 

「じゃんけん!グー、チョキ」という感じです。

 

 

自分が出し終えたら、相手にもすぐに「ぽん!ぽん!」と言いながら出してもらいます。

 

この場合は「パ-、グー」ですね。

 

速さ的には「じゃんけん!ぽん!ぽん!ぽん!ぽん!」になります。

 

 

簡単そうに思えても、実際にやってみるとこれが意外と間違えます。

 

しかもリーダーの手に集中しないといけないし、とっさの判断が必要になってきます。

 

これは集中力と判断力を鍛えられるレクですねっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、【後出しじゃんけん】を紹介しました。

 

世界中の誰もが知っている「じゃんけん」ですが、後出しにする事で、集中力と判断力が鍛えられます。

 

しかもワザと勝ったり、負けたりと変化をつける事で、頭の良い体操になります。

 

「じゃんけん」って、簡単な遊びなのに奥が深いですよね。

 

さぁ、あなたも《じゃんけんキング》を目指しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆