こどものけんか なのです
RyanMcGuire / Pixabay

ケンカする程、仲がいい?

 

みなさんも、ケンカをした事ってありますよね😅

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

ちょっとした些細な事がキッカケで、闘いのゴングが鳴ってしまうケンカ💦

 

でもケンカが終わると、ケロッとしてまた一緒に仲良く遊んでみたり…

 

「ケンカする程、仲がいい」とは、よくいったモノです。

 

実は、そんなケンカの光景を歌ったレクがあるんです!

ケンカの歌に合わせて、指を動かしていく手遊びが🌟

 

今回は、そんなケンカしちゃう手遊び【こどものけんか】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

こどものけんか

こどもと こどもが けんかして
くすりやさんが とめたけど
なかなか なかなか とまらない
ひとたちゃ わらう
おやたちゃ おこる
ぷー

 

この歌に合わせて、やっていきます。

 

『こどもと こどもが けんかして』
両手の小指を立てて、相手に見える様に小指を叩き合います。

 

『くすりやさんが とめたけど』
両手の薬指を立てて、チョンチョンと合わせます。

 

『なかなか なかなか とまらない』
両手の中指を立てて、軽く左右に振ります。

 

『ひとたちゃ わらう』
両手の人差し指を立てて、軽く曲げたり伸ばしたりします。

 

『おやたちゃ おこる』
両手の親指を立てて、両手のこぶしをコンコンとぶつけ合います。

 

『ぷー』
両手の親指を立てたまま、前に突き出します。

同時にほっぺはふくらませて、口をすぼめて「ぷー」です。

よく言う、ふくれっ面ですね♪

 

 

手の動き、伝わりましたかね?

子供たちがケンカをして、親が怒っちゃう」という光景が浮かんできますね😁

 

これは昔懐かしい、わらべ歌の指遊びです。

 

どことなく面白い言葉のリズムに合わせて指を動かしていくので、気がつけばついつい何度もやっているという事も。

 

指を一本ずつ動かしていくので、脳の刺激にもなります。

簡単に覚えられそうで、意外に難しい言葉遊びが、また面白いですよねっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、ケンカしちゃう手遊び【こどものけんか】を紹介しました。

 

子供たちがケンカをして、親が怒っちゃう」という光景が浮かんできちゃいますね♪

 

これは昔懐かしいわらべ歌の指遊びです。

 

指を一本ずつ動かしていくので、脳への良い刺激にもなりますね。

 

しかも、どことなく面白い言葉のリズムに合わせて指を動かしていくので、気がつけば夢中になっている事も。

 

ケンカをしていた頃を思い浮かべながら、楽しんで下さいね♪

 

さぁ、アナタもこの手遊びで、楽しみながら友情を深めちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆