ドナドナ なのです
janeb13 / Pixabay

「ドナ ドナ ドーナー ド〜ナ〜♪」

聞いていると、何だか妙に寂しくなってきますね…😓

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

悲しくなってくる歌」の代表的な存在の『ドナドナ

荷馬車に乗せられた子牛が、これから市場へと売られていく光景を歌った歌ですね。

 

しかも、かなしそうな瞳で見ているなんて寂しすぎます…😰

 

でもどうせなら、楽しみながらこの曲を歌ってみませんか⁉︎

体を動かしながら歌えば、悲しさも吹っ飛ぶ吹っ飛ぶ♪

 

今回は、楽しみながら歌える手遊び【ドナドナ】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ドナドナ

あるはれは ひるさがり
いちばへと つづくみち
にばしゃが ゴトゴト
こうしを のせてゆく
かわいい こうし
うられて ゆくよ
かなしそうな ひとみで
みているよ
ドナ ドナ ドナ ドナ
こうしを のせて
ドナ ドナ ドナ ドナ
にばしゃが ゆれる

 

あおいそら そよぐかぜ
ツバメが とびかう
にばしゃが いちばへ
こうしを のせてゆく
もしも つばさが
あったならば
たのしい まきばに
かえれるものを
ドナ ドナ ドナ ドナ
こうしを のせて
ドナ ドナ ドナ ドナ
にばしゃが ゆれる

 

この曲に合わせて、やっていきます。

ちなみにイスに座った状態で説明しますよ。

 

両手を胸の前で軽く握って、スタンバイしておいて下さいね。

 

『ある』
両腕を右斜め上に伸ばします。
手もしっかり開きますね。

 

『はれた』
元の状態に戻し、胸の前で軽く握ります。

 

『ひる』
両腕を左斜め上に伸ばします。

 

『さがり』
また元の状態に戻し、胸の前で軽く握ります。

 

『いち』
両腕を右斜め上に伸ばします。

 

『ばへと』
元の状態に戻し、胸の前で軽く握ります。

 

『つづ』
両腕を左斜め上に伸ばします。

 

『くみち』
両腕を元の状態に戻しながら、「ち」で手を1回たたきます。

※この一連の動作を、歌いながら最後まで繰り返していきます。

 

手の動き、伝わりましたかね?

リズムに合わせて、両腕を動かしていく手遊びになります。

 

両腕を右斜めに伸ばす→戻す→左斜めに伸ばす→戻す→右斜め→戻す→左斜め→手を1回たたく』の動作を繰り返していく様になります。

 

シンプルな動作で、お子様から年配の方までスグに楽しむ事が出来ちゃいますね♪

 

ポイントは『しっかり伸ばして、手を広げる』事です。

 

伸ばすところは伸ばす、開くところは開くと、しっかり意識して動かせば、リッパなリハビリ体操に早変わり🙌

 

もう悲しい歌の事なんて忘れて、楽しくなってきちゃいますよ🤗

応用編

しっかり腕を動かしたら、次は足を動かしていきます。
足は曲げて床につけておきますよ。

 

『ある』
両足を右斜めに動かします。
しっかり上げて下ろすのを意識して下さいね。

 

『はれた』
元の状態に戻します。

 

『ひる』
両足を左斜めに動かします。

 

『さがり』
また元の状態に戻します。

 

『いち』
両足を右斜めに動かします。

 

『ばへと』
元の状態に戻します。

 

『つづ』
両足を左斜めに動かします。

 

『くみち』
両足を元の状態に戻しながら、「ち」で床にドンッと踏みしめます。

※この一連の動作を、歌いながら最後まで繰り返していきます。

 

足バージョンですが、これも足をしっかり上げて下ろすをしっかり意識しながらやると、リハビリ効果が期待出来ますよ😁

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、楽しみながら歌える手遊び【ドナドナ】を紹介しました。

 

リズムに合わせて、両腕を動かしていくこの手遊び。

 

単純な動作なんですが、伸ばすところは伸ばす、開くところは開くと、意識して動かせば、リッパなリハビリ体操になります✨

 

しかも足バージョンもあるので、長い時間レクを続ける事が出来ますね😄

 

聞いていると悲しい歌ではある『ドナドナ』ですが、しっかり体を動かしていると何だか楽しくなってきちゃいますね♪

 

さぁ、あなたも『ドナドナ』を歌いながら、楽しく体を動かしたらちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆