指折り なのです
Takmeomeo / Pixabay

どこででも気軽に出来る指運動って、いいですよね♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

これまで色々と指を使った運動を紹介してきましたが…

 

1番簡単な指運動として「指折り」があります。

 

その名の通り、指を折っていくだけのシンプルなモノ。

 

しかも、「誰にでもできる」「どこにいてもできる」「すぐにでもできる」の、できる3点セット☆

 

今回はそんなシンプルレク【指折り】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

指折り

※まず両手を前に出して、手を広げて下さい。

 

これが基本の形になります。

 

 

みんなで数字を数えていきます。

 

数えると同時に、指を折ってもらいましょう。

 

1で右手と左手の親指を、2で右手と左手の人差し指を、といった感じです。

 

これを1から10まで数えます。

 

10まで数え終えたら、また基本の形に戻るハズです。

 

 

手の動き、伝わりましたかね?

ただ単に指を折っていくだけのモノなので、レクの最初にやるウォーミングアップに最適です☆

 

でも、これだけで終わってしまっては、すぐ次のレクを考えなければいけないので、これを徐々に難しくしていきます。

応用編 その1

まず始めの基本の形の状態で、右手の親指を折っておきます。

 

右手の親指を折った状態から、先程と同じ様に1から10まで数えていきます。

 

また10まで数え終えたら、元の形に戻るハズです。

 

 

簡単な指折りでも手は疲れてくるので、途中途中で軽い雑談を入れて、小休憩を挟んで下さいね。

応用編 その2

今度は右手の親指と人差し指を折っておきます。

 

右手の親指と人差し指を折った状態から、同じ様に1から10まで数えていきます。

 

これも10まで数え終えたら、元の形に戻っているハズ。

 

 

ここまで説明しましたが、1から10まで数え終えたら必ずと言っていい程、指を折っていないパーの状態になっている人が何人かはいます。

 

そんな人には「あれぇ〜?」とワザとらしく言ってあげましょう😬

 

ちなみにこの「指折り」、指を動かす事で脳への良い刺激になります。

 

しかも、片方だけ指を折ってから始める事で「あれ?さっきよりも難しいじゃん」と脳がフル回転し始めます。

 

これで頭はスッキリ✨

眠気も吹っ飛ぶ✨

 

楽しく次のレクにいけそうですねっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、シンプルレク【指折り】を紹介しました。

 

これはただ単に数を数えながら、指を折っていくだけのシンプルなモノです。

 

でもシンプルなモノだけに、色々なバリエーションを利かせる事が出来ます。

 

しかも「誰にでもできる」「どこにいてもできる」「すぐにでもできる」の、できる3セット☆

 

これで脳への刺激、し放題ですねっ♪

 

さぁ、このレクで【指折りマイスター】の称号をGETしちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆