いちりっとらん なのです
skimpton007 / Pixabay

『まりつき』といえば、女の子の代表的な正月遊びですよね。

 

でも実は、色んな匠の技を駆使した、驚きの遊びなんです!

バスケットマンも驚く、あのまりつき遊び♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

昔は外で友達とまりつきをして遊んでいる光景を、よく目にしましたが…

 

今の子供達って、あまりまりつきをしないんですね…😓

 

「まりつきって何?バスケット🏀に似ているの?」という声も聞こえてきそうですね💦

 

でも、実はすごく夢中になれる遊びなんですよ!まりつきって。

ただ、まりをついているだけじゃなくって、様々な技があるんです✨

 

今回は、そんなバスケットマンも驚くまりつき【いちりっとらん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

いちりっとらん

いちりっとらん いちこうし
しらほけきょの たかちほよ
りょうてんかん

 

この歌に合わせて、ついていきます。

ちなみに『いちりっとらん』から『にりっとらん』と続いて、『じゅうりっとらん』までやっていく様になります。

 

『じゅうりっと』
まりを2回つきます。

 

『らん』
右足をまわして、まりをくぐらせます。

 

『いちこう』
まりを2回つきます。

 

『し』
右足をまわして、まりをくぐらせます

 

『しらほけきょの 高千穂』
まりを6回つきます。

 

『よ』
右足をまわして、まりをくぐらせます。

 

『りょうてん』
まりを2回つきます。

 

『かん』
まりを自分の股の下へくぐらせて、両手でキャッチします。

 

 

まりのつき方、伝わりましたかね?

『いちりっと』では、まりをついて『らん』といった節の終わりには、右足を回す動作をやっていきます。

 

『りょうてんかん』で両手でまりをくぐらせたら、そのまま続けて『にりっとらん』に変えていく様になりますよ☆

応用編

・ここでは『にりっとらん』から『じゅうりっとらん』までの動作を紹介します。

 

ちなみに、節の最後の特殊技が変わるだけです。

他の所のつき方は変わりませんよ。

 

『にりっとらん』
「らん」で右足を少し上げて、股の下から手を出してつきます。

 

『さんりっとらん』
「らん」で片足で踏む様につきます。

 

『よんりっとらん』
「らん」で片足を少し曲げて、ヒザでつきます。

 

『ごりっとらん』
「らん」で右足を少し前に出して、まりをその間に、右後ろから前へまわします。

 

『ろくりっとらん』
「らん」で右足を少し前に出して、まりをその間に、前から右後ろへまわします。

 

『しちりっとらん』
「らん」で左足を少し前に出して、まりをその間に、前から左後ろにまわします。

 

『はちりっとらん』
「らん」で左足を少し前に出して、まりをその間へ、左後ろから前にまわします。

 

『きゅうりっとらん』
「らん」で右後ろから体にそってまわし、地面に落ちる前にすかさず1回ジャンプします。

 

『じゅうりっとらん』
「らん」で右後ろから体にそってまわし、地面に落ちる前にその場でクルッと1回自分が回ります。

まりつきのルール
途中でまりを落としたら、また『いちりっとらん』からやり直します。

 

 

特殊技、伝わりましたかね?

どれも『いちりっとらん』と同じ様に、節の最後で披露する特殊技です。

 

「何?こんなのムリじゃん!」と思われるでしょうけど、やってみると意外と簡単に出来ちゃいます。

 

ただ、数字が増えるにつれてどんどん難易度が上がっていくので、やりごたえはあります。

 

昔のお嬢様達が、夢中になって遊んでいた気持ちも分かりますねっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、バスケットマンも驚くまりつき【いちりっとらん】を紹介しました。

 

バスケットのドリブルを感じさせる、このまりつき。

 

歌を歌いながらついて→特殊技→ついて→特殊技の繰り返しですが、慣れるまで結構苦労します💦

 

しかも『じゅうりっとらん』までアクロバティックな特殊技が。

 

「こんなの出来るの?」と感じますが、慣れてしまえば簡単に出来てしまいます✨

 

途中でまりを落としたら、また最初からにはなりますが…💦

つい夢中になって、気が付けばずっとやってしまう楽しさはありますよっ☆

 

さぁ、アナタもこのまりつきで「ハンドリングの神」を目指しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆