まめ台風 なのです
n-k / Pixabay

台風一家にご用心!

 

秋になると、やってくるのが『台風

この時期の台風は続けてやって来るので『台風一家』とも呼ばれてますね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

できれば来て欲しくない存在の台風ですが…

どうせなら、「通り過ぎだ後でお詫びに大判小判でも置いてってくれればいいのに…」って思っちゃいます😅

 

実は、そんな台風をテーマにしたレクが存在するんですよ!

運動会の競技でも使える、盛り上がるゲームが✨

 

今回は、みんな必死になる、台風をテーマにしたゲーム【まめ台風】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

まめ台風

準備する物
・約2mの竹
・旗(三角コーンでもOK)

 

まずは2チーム作り、各チーム2列になってコースに並びます。

スタート地点から10mの地点に旗を立てておきましょう。

 

 

各チーム先頭の人は竹を横にして持ちます。

2列なので、2人1組で竹の両はしを持ってスタンバイします。

この時点で相手と、しっかり意思疎通しておいて下さいね。

 

 

さぁ、ゲームスタートです!

レクリーダーの合図で、竹を持ったまま旗をめがけて走り、折り返してスタート地点めがけて走ります。

 

 

戻ったら、すぐに竹を渡して後ろにつきます。

次の走者は竹を受け取り、旗まで行って折り返し、スタート地点までもどります。

 

 

このまま次々と交代していき、最初に全員が走り終えたチームの勝利になります。

 

注意事項
・折り返す時に、勢いあまって外に投げ出されない様に、しっかり竹を握っておいて下さいね。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

2人1組で竹を持って走っていくゲームになります。

1人ならラクなんですが…

2人なので、相手と息を合わせなければいけません。

なので、お互いにかけ声をかけるなどして意思疎通をすれば、お互いの息を合わせやすいです✨

もし相手が初対面なら、始める前にしっかり意思疎通しておけば、かけ声もかけれますね♪

 

チーム対抗戦なので、みんな対抗意識が湧いて必死になってくれますよ😁

応用編

1回戦が終わったら、今度は全員参加型のルールに変えていきます。

 

走者が戻ってきたら、そのまま待機しているチーム全員の足元に竹をくぐらせて一旦最後尾にまわります。

 

 

そのまま続けて全員の頭の上に竹を通して前列に戻り、ようやくバトンタッチします。

 

 

迫り来る竹を待機している全員が跳んだり避けたりしますが…

竹を踏んでしまったり、頭をぶつけてしまったりして、意外と時間をとったりします💦

でも、みんなが参加できて楽しいですよ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、みんな必死になる、台風をテーマにしたゲーム【まめ台風】を紹介しました。

 

2人1組で竹を持って走っていく、このゲーム。

「運動会の競技でやったよ♪」という人もいるかもしれませんね😅

 

このゲームのコツは『いかに相手と意思疎通ができるか⁉︎』になります。

お互いにしっかりとかけ声をかけ合えば、息もぴったり合わせやすいですが…

もし相手が初対面なら、ゲームを始める前に自己紹介や話などして、お互いに意思疎通をしておくと声もかけ合いやすいです♪

 

また、戻ってきたら『チーム全員の足元に竹をくぐらせて、頭の上を通してバトンタッチ』というルールにすれば、みんな最後まで思い切り楽しめますよ😁

 

さぁ、迫り来る台風をイメージしながら、勢い良く走っちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆