ドビン なのです
drkiranhania / Pixabay

数を数えながら『魔法の言葉』を叫ぶ言葉遊び♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

数字を数える事って、誰でも出来る簡単な脳トレですよね。 

ただ数字を数えるだけでも、頭の中では脳に刺激を常に送っているんです。

 

でも、数え方に変化をつけたらもっと脳の刺激になりますね。

 

実はね、数字を数えながら変化をつけるレクがあるんですよ。

みんなで数を数えながら、特定の数字の時だけ『魔法の言葉』を言っていく言葉遊びが✨

 

今回は、特定の数字の時だけ『魔法の言葉』を叫ぶ言葉遊び【ドビン】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

《ドビン》

まずみんなで円を作り、レクリーダーはその中心に立ちます。

あまり隣との距離が空いていると声が聞こえなかったりするので、出来るだけ隣との距離がを空けない様にします。

みんなはレクリーダーに注目して下さいね。

全体でイスを用意して座るとラクに進められますよ♪

 

レクリーダーはメガホン📣や、丸めた新聞紙🗞を使って、周りの人の誰かを指します。

ここはレクリーダーの腕の見せ所。

迫真の演技でやると盛り上がりますよ♪

 

指された人から時計周りに数字を1から言っていく様になります。

ただし3、6、9など3の倍数の時だけ数字の代わりに『ドビン!』と大きな声で叫びます。

「1、2、ドビン!、4、5、ドビン!…」といった感じです。

 

これを『ドビン』と言わずに数字を言ってしまったり、タイミングを外してしまったり、正しい数字を言えなかったりすると、その人の負けになります。

また間違えた人が1から始めます。

 

事前に目標は「21まで」と決めておき、21のところは『ドビン』の代わりにみんなでバンザイ🙌をして終わります。

 

遊び方、伝わりましたかね?

みんなで数字を数えていき、3の倍数の時だけ『ドビン!』と大きな声で叫ぶ言葉遊びになります。

 

ただ数字を数えるだけでも脳への刺激になりますが、数え方に変化をつければさらに効果的✨

常に考えながらやらなきゃイケないので、良い脳トレになります。

 

そして何より重要なのが『レクリーダーの進め方』です。

 

とにかくオーバーリアクションで迫真の演技をしないと盛り上がりません。

 

その場の雰囲気を盛り上げるのも盛り下げるのもレクリーダーの腕次第です。

しっかり自分のテンションを上げてから臨んで下さいねっ♪🤗

《応用編》

・今度は時計周りの順番ではなく、『レクリーダーがランダムに指した人が答える』というルールに変更します。

 

これでみんなの意表をつく事が出来て、みんな必死になってくれます。

レクリーダーは少し大変にはなりますが…💦

 

また、慣れてきたらどんどん速度を速くしていきます。

 

レクリーダーの指す速度が速ければ速いほどスリリングな展開を楽しむ事が出来ますよっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、特定の数字の時だけ『魔法の言葉』を叫ぶ言葉遊び【ドビン】を紹介しました。

 

みんなで数字を数えていき、3の倍数の時だけ『ドビン!』と大きな声で叫ぶ、この言葉遊び。

数え方の変化を常に考えながらやらなきゃイケないので、脳トレに最適です✨

 

また、慣れてきたら速度を速くしたり、レクリーダーがランダムに指名して意表をつかせたりと難易度を変える事も出来ますね。

 

ただ、レクリーダーの進行のやり方によって盛り上がり度が変わってきます。

 

なるべく自分のテンションを上げて、オーバーリアクションをしたり、迫真の演技をしたりして、上手くその場を盛り上げて下さいねっ🤗

全てはレクリーダーの腕にかかってますよっ☆

 

さぁ、あなたも大きな声で「ドビンッ!」と叫んじゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆