お馬の親子 なのです
Erdenebayar / Pixabay

「お馬の親子は 仲良しこよし〜♪」

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

『お馬の親子』って歌、ありますよね🐴

みんなも知っている有名な曲なんですが…

 

みなさんは、この歌を『トマト🍅』に変えて歌う事が出来ますか?

とても簡単そうに思えますが、実は意外と難しかったりするんです💦

 

今回は、歌詞を『トマト』に変えて歌う言葉遊び【お馬の親子】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

おうまの おやこは
なかよしこよし
いつでも いっしょに
ぽっくり ぽっくり
あるく

 

・この『お馬の親子』を2〜3回繰り返し歌います。

メロディーにさえ慣れたなら、1回でもOKですよ。

お馬の親子

メロディーは同じ『お馬の親子』ですが、歌詞を「トマト」にして歌います。

トマトトマトトマ
(お馬の親子は)
トトマトトマト
(仲良しこよし)
トマトトマトトマ
(いつでも一緒に)
トトマトトマトトマト
(ぽっくりぽっくり歩く)

 

最初はゆっくりと確認しながら歌っていき、慣れてきたら通常の速さで歌います。

始める前にホワイトボードや黒板に歌詞(トマト)を書いておくと、間違えずに済みますよ😁

 

歌い方、伝わりましたかね?

単純に『お馬の親子』の歌詞を「トマト」に変えて歌うだけですが…

 

これ、意外と難しいです😓

 

同じ様な言葉を言い間違えてしまいそうな…💦

思わず舌を噛んでしまいそうな…💦

 

常に「トマト」の文字の順番を頭の中で思い浮かべていかなければいけないので、頭の体操になります☆

 

でも慣れるまではホワイトボードや黒板に、「トマト」の歌詞を書いておいた方がいいですね😅

応用編

「トマト」になれてきたら、今度は「やおや」に変えていきます。

 

他にも少し難しいけど、「しんぶんし」でやってみるのもイイですよ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、歌詞を『トマト』に変えて歌う言葉遊び【お馬の親子】を紹介しました。

 

とても簡単そうに見えて、実は意外と難しかったりする、この言葉遊び。

「トマト」を繰り返すだけなんですが、言い間違えてしまいますし、運が悪ければ舌を噛んでしまいます💦

 

慣れるまでは考えながら歌っていくので、良い脳トレになりますね✨

 

「トマト」に慣れてきたら、「やおや」や「しんぶんし」にかえてみると、難易度もアップ⤴︎して、さらに脳トレ効果が期待できますよ😆

 

さぁ、あなたもみんなの前で「トマト」の歌詞で完璧に歌い上げちゃいましょう!

拍手してもらえるかもしれませんよ✨

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆