かえるがかえる なのです
Alexas_Fotos / Pixabay

おちた おちた』に似た手遊び♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。

楽しくレクをやられてますか?

 

以前紹介したモノでおちた おちた』って手遊び、ありましたよね。

 

楽しい掛け合いの後で『リンゴ』『カミナリ』『ゲンコツ』といった3つのポーズをする遊びですね♪

 

でも実は、それによく似たレクが存在するんですよ。

 

『おちた おちた』に似ている様で似ていない、梅雨の時期にピッタリの手遊びが✨

 

今回は、『おちた おちた』を思い出させる手遊び【かえるがかえる】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

・本命レクにいく前に、まずはここで基本の動作を練習していきます。

 

両手で大きな輪っかを作りましょう。

まるで大きなぬいぐるみを抱き抱えてるいる様なイメージです。

これが、『だっこポーズ』です。

次は両手で、まるで水をすくうかの様なポーズをとります。

これが、『水をすくうポーズ』です。

最後に両手を合わせ、ほっぺたにつけて眠るしぐさをします。

これが『ねんねポーズ』です。

 

これらのポーズをレクリーダーのかけ声に合わせて、練習していきます。

 

両手降ろす⇒ポーズ⇒おろす⇒ポーズといった具合ですね。

 

ゆっくりでイイので、慣れるまで繰り返しますよ。

かえるがかえる

自分:かえるが かえる

相手:どこに かえる

自分:〇〇〇!

 

これも相手の人とかけ合いで、おまじないを唱えます。

 

かえるが かえる
レクリーダーは左腕を前に出し、右腕を上から振り下ろす様にして手をたたきます。どこに かえる
相手の人は、同じ様にリズムに合わせて手をたたきます。

〇〇〇!
この〇〇〇の中に3つの言葉が入ります。

お池➡︎『だっこポーズ

葉っぱ➡︎『水をすくうポーズ

おうち➡︎『ねんねポーズ

「お池!」と叫んだら、目の前に池がある様に『だっこポーズ』をします。

「葉っぱ!」と叫んだら、落ちてくる葉っぱを受け止める様に『水をすくうポーズ』をします。

「おうち!」と叫んだら、家で気持ちよく寝ているお父さんの様に『ねんねポーズ』をします。

どれも《導入レク》で練習したポーズですね。

これをおまじないに合わせて繰り返していきましょう。

 

手の動き、伝わりましたかね?

 

掛け合いの後、『お池』『葉っぱ』『おうち』に対応したポーズをとっていく手遊びになります。

 

何だか以前紹介した手遊び『おちた おちた』に似てますね😅

 

基本となる3つのポーズですが、《導入レク》でしっかり練習しておくと、すんなりと《本命レク》に入る事が可能です。

 

どれも簡単なポーズなので、すぐに慣れてる事が出来ますね。

 

しかも最初の、歌いながら手をたたく前振りでオーバーリアクションをしていくと、みんなの気分が盛り上がって最高潮に♪😆

 

進め方次第で、かなり盛り上がれる手遊びですよっ☆

応用編

この手遊びにも『おちた おちた』と同じ応用が使えます。

 

LEVEL1
レクリーダーは『お池』『葉っぱ』『おうち』以外の言葉も途中途中におり交ぜてかけ声をかける様にします。

 

3つの言葉以外の時、レクリーダーは普通に手を動かしますが、相手の人は手を動かしてはいけません。

 

 

LEVEL2
レクリーダーは、相手が引っかかるように「おい」「はっ」「おう」で始まる、別の言葉をおり交ぜてかけ声をかける様にします。

 

相手が引っかかるとドヤ顔になれますが、ある程度引っかけワードを用意しておく必要があります。

 

 

この応用を使えば、さらに長い時間楽しむ事が出来ますよっ👍

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、『おちた おちた』を思い出させる手遊び【かえるがかえる】を紹介しました。

 

掛け合いの後、『お池』『葉っぱ』『おうち』に対応したポーズをとっていく手遊びになります。

 

基本となる3つのポーズも《導入レク》でしっかり練習しておけば、メインレクでも焦る事はありません。

 

しかも手遊び『おちた おちた』の応用がそのまま使えるので、難易度を上げてさらに楽しむ事が可能です👍

 

ポイントとしては、どちらもオーバーリアクションをする事ですね。

 

大げさでも大きな動作をしていけば、その場の雰囲気も盛り上がって、気分は最高潮に♪

 

しっかり盛り上げたら、イタズラ心満載の手遊びを楽しんで下さいね😁

 

さぁ、梅雨の時期はこの手遊びで、しっかり盛り上がっちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆