重ねビンタ なのです
jarmoluk / Pixabay

子供の頃にTVで見て「あ、コレやってみたいなぁ♪」と感じた経験って、ありますよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

子供の頃にチョッピリあこがれたもの…

私の場合は『瓦割り』

 

「セイヤァーー❗️」と気合いの入った掛け声で、いとも簡単に積み上げた瓦を割ってしまうモノですね。

その姿は圧巻!

 

「もしかしたら、私でも簡単に割れるんじゃね?」と思ったりもしましたが…
普通に考えても、訓練しなきゃ無理ですよね😅

 

でもね、レクには簡単に出来る『瓦割り』があるんです✨

実際には瓦でなく、みんなの手を積み上げていくんですが…

 

気分はまさに『瓦割り』!

 

今回は、そんな瓦割りの気分を味わえる手遊び《重ねビンタ》を紹介します。

スポンサ-ドリンク

重ねビンタ

まず何人かで1つの小さな輪になり、じゃんけんをします。

1番最初にじゃんけんに勝った人が、他の人の手を叩く事が出来ます。

 

勝った人は、利き手の手の甲を上にして、みんなの前に出します。

 

他の人は、その手の上に片手を乗せます。

乗せる順番は自由ですが、時計回りに乗せていったほうが分かりやすいです。

もう片方の手もみんな順番に乗せていきます。

 

さぁゲームスタートです!

勝った人は1番下の手をサッと引きます。

 

勝った人は自分のタイミングで思い切り振り下ろして、重ねてあるみんなの手の甲を叩きます。

 

他の人は叩かれない様に、素早く手を引きます。

それでも逃げ遅れて叩かれた人は負け!
…というか痛い思いをします。

みんな上手く逃げ切れれば、叩いた人は悔しい思いをします。

 

もう1度じゃんけんをし、最初からやり直します。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

みんなで手を重ねて、上からみんなの手を叩くこの手遊び。

 

手を重ねていく時に、まるでジェットコースターがカタカタ登って行く時に似たドキドキ感があります。

 

しかも、叩く人は自分のタイミングで思い切っきり振り下ろしますが、その姿はまさに『瓦割り』を思い出させます。

 

結果はどうであれ、かなり盛り上がる遊びです♪

 

痛い思いと悔しい思いが交差する、この重ねビンタ。

 

日頃のうっぷんを晴らすかの様に、容赦なく思い切っきり振り下ろして下さいね😋

遊び方のコツ

叩く人は自分で叩くタイミングを決めますが、何回かフェイントをかけてみるとイイです。

 

そしてそのフェイントにかかり「3回手を引いてしまった人は、もう逃げられない」というルールにすれば、さらに面白いかもしれません。

 

あと、叩く前に「雑談をして、みんなの気が緩んだ瞬間に叩く」というテクニックを使うのもアリですよっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、瓦割りの気分を味わえる手遊び【重ねビンタ】を紹介しました。

 

みんなで手を重ねて、上からみんなの手を叩くこの手遊び。

みんながドキドキしながら手を重ねた瞬間から、ゲームがスタート!

思い切っり手を振り下ろす姿は、まさに『瓦割り』を思い出させます。

他の人は叩かれない様に、動きを見切って上手く手を引いて下さいねっ😅

 

また、叩く人はフェイントをかけてみたり、雑談をしながら途中で急に叩いてみたりと様々なテクニックを駆使してみるのもイイかもしれませんよ。

 

もう、叩いたモン勝ち!逃げたモン勝ち!ですからねっ☆

かなり盛り上がりますよ〜😁

 

さぁ、この手遊びで『瓦割り』の様に、思い切っきり手を振り下ろしちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆