うちでのこづち なのです
Free-Photos / Pixabay

どんどん小さくなっていく、楽しいじゃんけん遊び😊

 

昔話「一寸法師」で登場する、レアアイテムといえば…

 

そう!『うちでのこづち』ですよね。

 

振る事によって様々な物が出てきたりする伝説上のつち。

 

「一寸法師」では、ひと振りするごとに大きくなりましたが…

 

逆にひと振りごとに、小さくなっていくレクがあるんです!

 

触れば振るほど小さくなっていく、やたら腰に負担のかかるモノが💦

 

今回は、どんどん小さくなっていくじゃんけん遊び【うちでのこづち】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

うちでのこづち

まずは2人組を作り、お互いに向かい合います。

 

両足は肩幅ぐらいに広げておきますね。

 

 

さぁ、バトル開始です!

 

相手とじゃんけんをしてもらいます。

 

勝った人は「小さくな〜れ、小さくな〜れ♪」と言いながら、こづちを振る様に2回腕を上下に振ります。

 

負けた人は勝った名前が腕を振っている間に、ヒザを曲げて10cmほどかがんで、その状態をキープします。

 

じゃんけんも腕を振るのも、かがんだ状態でやっていく様になりますよ。

 

 

このままじゃんけんを続けていき、負けるごとに10cmずつ低くなる様にします。

 

運悪く負け続けると、どんどん小さくなっていってしまいます💦

 

だんだんヒザや腰に負担がかかってきますが、なるべく縮んだ体勢をキープする様にしてもらいますね。

 

 

最終的にどちらかが、お尻が床につくか、バランスを崩して倒れたら、バトル終了になります。

 

多分足腰が悲鳴をあげていると思うので、お互いにしっかりと背筋をのばしたり、軽いストレッチをやって下さいね。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

じゃんけんをして、負けた人がどんどんかがんでいくじゃんけん遊びですね。

 

勝った人は「小さくな〜れ、小さくな〜れ♪」と、まるでこづちを振る様に腕を上下に振ります。

 

以前紹介した『

』の様に、最終はどーって事はありませんが…

 

負けが続いてくると、結構ヒザや腰に負担がかかってきます💦

 

一種の空気イス状態なので、足腰の鍛錬にはなりますね😅

 

勝負が絡むとみんな必死になるので、盛り上がりますよっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、どんどん小さくなっていくじゃんけん遊び【うちでのこづち】を紹介しました。

 

じゃんけんをして、負けた人がどんどんかがんでいく『開脚じゃんけん』に似た、このじゃんけん遊び。

 

小さくな〜れ、小さくな〜れ♪」とこづちを振るしぐさが、笑いを誘っちゃいます😁

 

負けても最初のうちは平気ですが、負けが続くと、結構ツラくなってきます。

 

一種の空気イス状態なので、足腰の鍛錬にはもってこいですが…

 

筋肉痛にならない為にも、1試合ごとにストレッチをしたりと軽い休憩を挟んで下さいね。

 

勝てば天国✨負ければ地獄の盛り上がる遊びですよっ♪

 

さぁ、あなたも対戦相手に「小さくな〜れ、小さくな〜れ♪」とこづちを振っちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆