たなばたまつり なのです
StockSnap / Pixabay

七夕にみんなで一緒に踊っちゃおう!

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

前回、七夕にちなんだ舞リハを紹介しましたが…

 

実はまだあるんですよ!
七夕にちなんだ舞リハ運動✨

 

単調なリズムで、懐かしさあふれるモノなんです。

 

しかも体全体を動かしていく、体に嬉しい運動が!

 

今回は、七夕にちなんだ舞リハ運動第2弾【たなばたまつり】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

たなばたまつり

たなばたまつり ほしまつり
おほしが キラキラ
きれいです たんざくかいて
たんざくかいて あげましょう

 

たなばたまつり ほしまつり
みんなよいこに なるように
おねがいしましょう
おねがいしましょう
いのりましょう

 

この歌に合わせて、やっていきます。

歌に入るまでは、両手を腰にあててリズムをとります。

 

1番
『たなばたまつり ほしまつり』
左から弧を描きながら、手を8回たたきます。

 

『おほしが キラキラ きれいです』
「おほしが」で左手は腰に、右足を横に開きながら右手で空を指差します。

「キラキラ」できょうつけをし、「きれいで」で右手を腰、左足を開きながら左手で空を指差します。

「す」で、またきょうつけの姿勢になります。

 

『たんざくかいて』
左手を前に出し、右手で左手にお願い事を書く動作をします。

 

『たんざくかいて あげましょう』
「たんざくかいて あげましょ」で、手を6回たたきながらグルッと右回りをします。

最後の「う」で、両手をクロスして肩に置き、軽くヒザを曲げ、体を少し傾けます。

 

2番
『たなばたまつり ほしまつり』
左から弧を描きながら、手を8回たたきます。

 

『みんなよいこに なるように』
「みんな」で右足を開きながら、両方の人差し指をほっぺたにあてます。

「よいこに」できょうつけになり、「なるよう」で左足を開きながら、両方の人差し指をほっぺたにあてます。

「に」で、またきょうつけの姿勢になります。

 

『おねがいしましょう』
両手を合わせて、お願い事をします。

 

『おねがいしましょう いのりましょう』
「おねがいしましょう いのりま」で、手を6回たたきながらグルッと右回りをします。

最後の「しょう」で、両腕をVの字に開き、顔を上にあげます。

 

踊り方、伝わりましたかね?

歌に合わせて体をうごかしていく、舞リハ体操になります。

 

えほん唱歌の『たなばたまつり』に合わせていきますが…

単調なリズムに、つい懐かしさを感じてしまうかも😊

 

動作は少しややこしいですが、1つずつ確認しながらやっていくと分かりやすいです。

1番さえ出来れば、2番はほとんど同じ動作なので😁

短い曲の中でも体全体を動かしていくので、イイ運動になります✨

 

これを常にオーバーリアクションでやると、さらに効果もアップ!

みんなでイイ汗、かけますね♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、七夕にちなんだ舞リハ運動第2弾!【たなばたまつり】を紹介しました。

 

えほん唱歌の『たなばたまつり』に合わせて体を動かしていく、この舞リハ運動。

単調なリズムなので、つい懐かしさを感じてしまいます✨

少しややこしい動作もあるので、1つずつ確認しながらやっていくと、みんなが理解できてイイですよ。

 

また、常にオーバーリアクションを心がけていくと、さらに運動量アップ!

爽快感アップ!

疲労感もアップ!

みんなで楽しく体を動かして下さいね☆

 

さぁ、あなたも七夕にちなんだ舞リハをしっかり踊って、楽しい七夕を迎えちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆