ジン・ラミー なのです
mohamed_hassan / Pixabay

「ラン」「セット」「ノック」

 

何だか某有名ゲームにありそうな呪文みたいですよね😅

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

何だかラグビー🏉でも耳にした事のあるような、この呪文。

 

実は、このワードを使ったレクがあるんですよ☆

 

世界三大カードゲームの1つでもある、有名なトランプゲームが✨

 

今回は、3つの不思議ワードを使ったトランプゲーム【ジン・ラミー】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ジン・ラミー

準備する物
・トランプ(ジョーカーを除いた52枚)

 

まずはじゃんけんをして、勝った人が「親」負けた人は「子」になります。

お互いにカードをシャッフルして、親が両プレイヤーに10枚ずつカードを配りますね。

 

 

残りのカードを山札とし、山札から1枚引いて、捨て札として表面にして置きます。

始める前に、子は捨て札を取っても取らなくてもOKです。

取らない場合は、親からゲームスタートです!

 

 

各プレイヤーはお互いに捨て札の1番上か山札の1番からカードを引き、手札を捨てて捨て札にします。

これを交互に繰り返し、手札を「セット」または「ラン」という組み合わせにします。

セット:3枚以上の同数字

ラン:同マークの連数字

 

 

手札の残りカードが10点以下の場合、「ノック」をしてゲームを終了させる事ができます。

また、0点になった時は必ずノックしなければなりません。

もしノックされない場合は、山札が残り2枚になった時にゲーム終了です。

 

 

ノックした人は手札を相手に見せ、組みカードと残りカードに分けます。

ノックしてない人は、自分の手札を相手の組みカードに付け札として追加する事ができます。

 

 

最後に両プレイヤーの得点を算出して、得点が少なかった人の勝ちになります。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

お互いにカードを引き、組み合わせを作っていくゲームになります。

 

実は、世界三大カードゲームの1つでもあるトランプゲームなんですよね✨

 

世界三大カードゲームの中では比較的ルールも簡単で、手軽に楽しめちゃいます。

 

また、勝者に得点がつくので、マッチ制にして何度も対戦すれば、長時間でも遊べてしまいますね♪

 

「セット」「ラン」「ノック」といった、あまり聞きなれないワードも興味のひく、トランプゲームですよ😁

応用編

慣れてきたら、ジョーカー🃏を加えていきます。

 

全ての札の代わりとして使う事ができる、万能カードです✨

 

これを上手く使えば、かなり有利にはなりますよ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、3つの不思議ワードを使ったトランプゲーム【ジン・ラミー】を紹介しました。

 

お互いにカードを引き、組み合わせを作っていく、このゲーム。

 

実は、世界三大カードゲームの1つでもあり、手軽に楽しめるモノなんです。

 

勝者に得点がつくので、マッチ制にして何度も対戦すれば、長時間でも遊べてしまいますよ😆

 

さぁ、アナタも「セット」「ラン」「ノック」のワードを唱えて楽しんじゃいましょう♪

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆