転がしフラフープ なのです
OpenClipart-Vectors / Pixabay

フラフープって、持つと転がしたくなりますよね♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

腰を使って回すのが普通の遊び方なんですが…

条件反射なのか、フラフープを持つと何故か最初に転がしたくなる衝動に駆られます💦

それいけーー!ポーン! みたいな感じで…😅

 

でもフラフープを転がすのも、れっきとしたフラフープ遊びの1つなんです!

フラフープを転がす爽快感!

上手く転がせた時の満足感!

何度も転がせられた達成感!

やれば全てがアナタのモノに✨

 

今回は、フラフープを転がして楽しむフラフープ遊びの1つ【転がしフラフープ】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

転がしフラフープ

まずはフラフープを真っ直ぐに立てて、コースを読みます。

よくプロゴルファーがやっているアレですね。

 

左手でフラフープを軽く支え、右手でフラフープを持ちます。

心の準備が整ったら、右手で前に押し出す様にして転がします。

投げる時に『少しだけ後ろに引いて、前に放り出し、投げた時に素早く手を離す』というのがポイントで、早く&長く転がる秘訣です✨

 

慣れてきたら2人組を作り、お互いに転がしたフラフープをキャッチする様にします。

相手の取りやすい様に真っ直ぐ転がすのが理想ですが、左右にブレたのをキャッチするのも楽しいですよ♪

 

お互いキャッチするのが上手くなってきたら『ワンバウンドやツーバウンドさせてからキャッチする』というルールにします。

難易度が上がってやりごたえはありますが、転がす人もある程度の腕が必要になってきますね😅

 

転がし方、伝わりましたかね?

フラフープを転がして、お互いにキャッチする遊びになります。

 

一見簡単そうに思えますが…

実はなかなか思った様に真っ直ぐは転がっていきません💦

 

少しだけ後ろに引いて、前に放り出し、投げた時に素早く手を離す』というのがポイントで、早く&長く転がる秘訣ですが…

腕を真っ直ぐ振り上げないと、左右に転がっていっちゃうんですよね😅

 

多少練習が必要ですが、真っ直ぐ転がせる様になったら、白熱したラリーを楽しむ事が出来ますよっ♪

ワンバウンドやツーバウンドさせてからキャッチするルールも導入すれば、やりごたえ抜群になりますね😆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、フラフープを転がして楽しむフラフープ遊びの1つ【転がしフラフープ】を紹介しました。

 

フラフープを転がして、お互いにキャッチする、この遊び。

一見簡単そうに思えますが、なかなか思った様に真っ直ぐは転がってくれません💦

 

少しだけ後ろに引いて、前に放り出し、真っ直ぐ振り上げて投げた時に素早く手を離すというのがコツになりますが…

言うより慣れろ!です。

何度も練習して上手く転がせれる様になったら、相手との白熱したラリーを楽しむ事が出来ますよ。

 

フラフープを転がす爽快感!

上手く転がせた時の満足感!

何度も転がせられた達成感!

やれば全てがアナタのモノにっ😉

 

さぁ、アナタも華麗に転がして「プロフーパー」を目指しちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆