せんちか なのです
Melly95 / Pixabay

境界線めがけて、投げとばせっ!

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

これまでに何度かビー玉遊びを紹介してきましたが…

 

まだあります、ビー玉遊びっ♪

ただビー玉を投げるだけという、単純でシンプルなモノが✨

 

意外とシンプルなモノの方が、みんなに受け入れやすかったりするんですよね😅

 

今回は、そんな単純でシンプルなビー玉遊び【せんちか】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

せんちか

まず地面に1本の線を引きます。

これがスタートラインです。

そしてスタートラインから約5m先に、もう1本線を引きます。

これが境界線です。

 

みんなでジャンケンをして順番を決め、スタートラインから順番に境界線めがけて投げ入れます。

 

投げたビー玉はそのままで、次の人が投げ入れます。

この時、前の人のビー玉に当てて境界線から出す事も出来ます。

 

全員が投げ終えた時点で、ビー玉が1番境界線に近かった人が勝ちになり、他の人の手持ちビー玉を総取り出来ます。

ちなみに、境界線から出てしまった場合は無条件で失格になります。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

スタートラインからビー玉を投げて、境界線に1番近い人が勝ちという遊びです。

 

単純かつシンプルなので、みんなもすぐにルールを理解してくれます。

やっぱり複雑なモノでない方が、受け入れやすいですね😊

 

ただ、ビー玉は投げた後もそのままなので、次の人に当てられて弾き飛ばされちゃったりします。

 

またそこがこの遊びの醍醐味♪

境界線に近いビー玉を外へ弾き飛ばしたり、偶然当たったビー玉が境界線の近くに行ったり…

否応なしに盛り上がっちゃいますねっ♪😆

応用編

「境界線に1番近い人が勝ち」のこの遊びですが、慣れてきたら今度は逆にしてみると面白いですよ。

境界線に1番遠い人が勝ち」というルールです。

 

みんなの力加減が笑いを誘いそうですね♪

ただし、ちゃんとスタートラインを超えないと失格になっちゃいますよ💧

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、そんな単純でシンプルなビー玉遊び【せんちか】を紹介しました。

 

スタートラインからビー玉を投げて、境界線に1番近い人が勝ちという、この遊び。

単純かつシンプルなので、みんなもすぐにルールを理解してくれます♪

 

簡単な遊びなので、みんなも夢中になって盛り上がる盛り上がる😆

 

2番目の人からはビー玉を弾き飛ばす権利があるので、思い切り弾き飛ばしちゃって下さいね。

せっかく境界線に近かったのに〜💦」と笑い混じりの声が飛び交いそうですね♪

 

さぁ、あなたも境界線の近くのビー玉を思い切り吹き飛ばしちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆