ポリ なのです
Victoria_Borodinova / Pixabay

特殊な投げ方の「ビー玉遊び」♪

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

「穴に入れていくビー玉遊び」って、結構多いですよね。

でも、ちょっとややこしいルールが付け加えられてたりするんですよね💧

出来ればシンプルなモノがイイんですが…

 

実は「穴に入れていくだけ」というシンプルなモノがあります!

だれが1番早く穴に入れていくか競うだけのビー玉遊びが✨

 

今回は、「穴に入れていくだけ」というシンプルなビー玉遊び【ポリ】を紹介します。

…でも投げ方だけは特殊ですよ😅

スポンサ-ドリンク

この遊びでの投げ方

ビー玉が置いてある所を始点とし、左手のひらを下に向けて親指を始点に置きます。

 

その左手と、手のひらを上に向けた状態で「指切りげんまん」の様な形を作ります。

 

右手のひらを上に向けて、親指と中指でビー玉をつまみます。

そのまま右手人差し指の背を、ビー玉の下に入れます。

 

そのままの状態で、右手人差し指で思い切りビー玉をはじきます。

 

他のビー玉遊びにも使えるはじき方です。

でも右利きの人の場合で説明したので、左利きの人はこれの反対でやって下さいね。

ポリ

まず5つの穴を作り、穴❶の前にスタートラインを引きます。

スタートラインには、みんな各1個ずつビー玉を並べます。

◯❸     ◯❷
  ◯❺
◯❹     ◯❶

   ___スタートライン
 ビー玉 ・・・・

 

ジャンケンで順番を決め、スタートラインから自分のビー玉を❶の穴めがけて入れます。

見事に穴に入ったら、続けて❷の穴を目指します。

 

もし穴に入らなかったら、ビー玉はそのままにし、次の順番がきたらそこからお目当ての穴に入れます。

 

❶から❺までの穴に早く入れ終わった人の勝ちになり、スタートラインで並べていたビー玉を総取りする事が出来ます。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

❶から❺までの穴にビー玉を入れていくだけ」というシンプルな遊びです。

 

1番早く全ての穴に入れた人は、みんなのビー玉を総取りっ😆

単純なルールだと分かりやすくてイイですよね♪

 

ただ、この遊びにも特殊な点が1つだけ…

そう! 投げ方です。

 

ちょっと変わった独特のフォームで、思い切りビー玉をはじきますが…

1度手を崩したら、もう1度同じフォームにするのに時間がかかります。

あせります。指がつります。こんがらがります。

 

でもこの遊びに限らず、どの遊びにでも使えるフォームなんですよね。

このフォームを覚えておけば、みんなの視線を独り占め出来ますよっ♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、「穴に入れていくだけ」というシンプルなビー玉遊び【ポリ】を紹介しました。

 

「❶から❺までの穴にビー玉を入れていくだけ」というシンプルなこの遊び。

1番早く全ての穴に入れた人は、みんなのビー玉を総取り出来る、分かりやすいルールです。

単純な方が盛り上がっちゃいますよね♪

 

ただ、これにも特殊な点が1つ…

 

ビー玉の投げ方が独特です。

 

慣れれば、狙いやすく打ちやすいフォームではありますが、覚えるまでが大変💦

もう1度同じフォームにするだけでも「あれ?指の位置はどうだったっけ?」ってなっちゃいます😅

多少の慣れは必要ですが、他のビー玉遊びにも使える、万能な投げ方ですよっ☆

 

さぁ、独特フォームをマスターして、みんなの視線を独り占めしちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆