クマがでた なのです
RobinHiggins / Pixabay

大きな声で言われたのに「えっ?」って聞き返してしまう事、ありますよね。

 

決してワザとじゃないんです…💦
ただ、少し聞き取りづらかっただけなんです…💦
ちょっと今夜の晩ご飯の事を考えていただけなんです…💦

 

みなさんも経験ありますよね?

 

実は、レクにも「えっ?」と聞き返しちゃうモノがあるんですよ!

しかも、しっかり聞こえているのに何度も「えっ?」と聞き返していく、楽しい伝言ゲームが✨

 

今回は、「えっ?」と聞き返していく伝言ゲーム【クマがでた】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

クマがでた

まずは何組かに分かれてチームを作ります。

 

1チーム10人くらいで、2組以上が盛り上がります。

 

 

さぁ、ゲームを始めましょう!

 

先頭の人は後ろを振り返って、「クマが出た!」と伝えます。

 

それを聞いた後ろの人は「えっ?」と聞き直しますね。

 

 

先頭の人はもう1度「クマが出た!」と伝えます。

 

後ろの人は後ろを振り返って「クマが出た!」と伝えます。

 

それを聞いた3番目の人も「えっ?」と聞き直します。

 

それを聞いた2番の人も「えっ?」と聞き直します。

 

 

先頭の人はまた「クマが出た!」と伝えます。

 

2番目、3番目の人も順番に「クマが出た!」と伝えます。

 

それを聞いた4番目の人は「えっ?」と聞き直します。

 

それを聞いた3番目、2番目の人も順番に「えっ?」と聞き直します。

 

 

この様に先頭の人が「クマが出た!」と伝え、「えっ?」と聞き直し1人ずつ伝言が進んでいきます。

 

最後尾の人が「クマが出た!」と言ったら、みんなで「それは大変!さぁ、逃げろー!」と言ってその場に座ります。

 

早く座る事の出来たチームの勝利になりますよ。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

「クマが出た!」と言葉を1度聞き返して、2度目は次の人に伝えていく伝言ゲームになります。

 

このレク、1番大変なのが先頭の人。

 

何回も「クマが出た!」と連呼しなければいけません💦

 

みんな1度は「えっ?」と聞き直さなければいけませんが、チーム対抗戦なので、スピーディーに伝える必要が。

 

焦ると「クマが出にゃ!」とカミカミになるので、落ち着いてハッキリと伝えて下さいね😁

 

言い間違えても、笑いは飛び出してきますよっ☆

応用編

慣れてきたら、伝言する言葉を変えていきます。

 

例えば、『東京特許許可局にきた!』や『生麦生米生卵が出来た!』などです。

 

みんな急いでいるので、必然的に早口言葉に😅

 

滑舌も良くなっちゃいますね♪

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、「えっ?」と聞き返していく伝言ゲーム【クマがでた】を紹介しました。

 

「クマが出た!」と言葉を1度聞き返して、2度目は次の人に伝えていく、この伝言ゲーム。

 

クマが出た!→えっ?→クマが出た!→クマが出た!→えっ?→えっ?→クマが出た! という様に、戻っては進み戻っては進みの流れになります。

 

みんな必死になっていますが、「クマが出にゃ!」とカミカミになると笑いが飛び出しますね♪

 

慣れてきたら、伝える言葉を『東京特許許可局にきた!』や『生麦生米生卵が出来た!』などに変えて難易度を上げると、さらに面白いですよっ😆

 

さぁ、あなたもワザとらしく大げさに「えっ?」と聞き直しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆