影ふみ なのです
Pexels / Pixabay

影を踏まれずに、逃げきっちゃおう😆

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

夕日に照らされて、伸び〜る自分の影。

お互いに相手の影を、踏み台っこした経験、ありますよね♪

私も夕方遅くまで、相手の影を追いかけたモノです✨

 

そんな懐かしい思い出を、蘇らせる楽しいレクがございます✨

夢中になって、みんなの影を踏んでいくオニごっこが。

 

今回は、みんなの影を追い回すオニごっこ【影ふみ】を紹介します。

 

スポンサ-ドリンク

影ふみ

まずは、オニを1人決めます。

オニ以外の人は子になります。

 

オニは、その場で10まで数えます。

子は、その間に急いで逃げましょう。

 

オニが数え終えたら…ゲームスタートです!

オニは子を追いかけ、タッチをする代わりに、子の影を踏みます。

 

オニは子の影を踏む事で、オニと子を交代します。

新しいオニは、他の子を追いかけて影を踏みます。

これをどんどん繰り返していきますね。

 

あらかじめ制限時間を決めておき、時間内でどんどんオニを交代していきましょう。

 

遊び方、伝わりましたかね?

タッチをする代わりに、影を踏んでいくオニごっこになります。

 

影を踏んでいくと、何だか懐かしい気分になりますね✨

影を踏まれたら、タッチされた時の様な感触もないので分かりません💦

 

なので、オニは「〇〇ちゃんの影踏んだ!」と大声で言ってあげると分かりやすいです😁

日中でも楽しめますが、お日さまが傾いた夕方にやると、影が長くなって面白さが増しますよ☆

 

応用編①

・影を踏まれたら、オニを交代せずにどんどんオニを増やしていくと、面白いです。

 

子は、大勢のオニに追いかけられる様になりますね💦

 

応用編②

疲れたり、ピンチの時には、大きな物の陰に隠れて影を消す事ができます。

 

スバリ『10秒ルール』ですが、オニが10数えたら影から出なくてはいけません。

あまり使い過ぎると、面白くなくなるので、奥の手にしましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、みんなの影を追い回すオニごっこ【影ふみ】を紹介しました。

 

タッチをする代わりに影を踏んでいく、このオニごっこ。

「〇〇ちゃんの影踏んだ!」と大声で言いながら踏んでいくと、お互いに分かりやすいです♪

 

日中でも楽しめますが、お日さまが傾いた夕方にやると、影が伸びてさらに面白くなりますね😁

 

しかも『10秒ルール』などを駆使していくと、さらに戦略が増して楽しめますよ☆

 

さぁ、あなたもみんなの影を追い回しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆