満洲の山奥で なのです
Alexas_Fotos / Pixabay

子供の頃、おばあちゃん(もしくは、おじいちゃん)に教えてもらった歌ってありますよね。

 

子供の頃に教えてもらった歌って、大人になった今でも覚えているモノなんです。

 

私にもあります、今でも覚えている歌

 

ブタ🐷が…
山奥で…
ブ〜ブ〜言ってる内容の歌💧

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

その時は何の歌なのか、さっぱり分からなかったですが😅

それって縄跳びで遊べる歌なんです!

 

今回は、ブタ🐷がブ〜ブ〜言ってる縄跳び歌【満洲の山奥で】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

満洲の山奥で

まんしゅうの やまおくで
かすかに きこえる ブタのこえ
いっぴき ブ〜
にひき ブ〜
さんびき ブ〜
ブ〜 ブ〜 ブ〜
こブタが いっぴき にげだした
こブタが にひき にげだした
こブタが さんびき にげだした
ブ〜 ブ〜 ブ〜

 

この歌に合わせて、跳んでいきます。

 

まず縄役を2人決め、縄を大きく回します。

他の人は、縄に向かって1列に並びます。

この時に縄に入るタイミングをつかんで下さい。

 

みんなで歌いながら「いっぴき ブ〜」で、縄に1人入ります。

 

「にひき ブ〜」で、2人目が入ります。

 

「さんびき ブ〜」で、3人目が入ります。

このまま「よんひき ブ〜」「ごひき ブ〜」という様に、人数分続けます。

もし途中で引っかかった場合は、最初からやり直します。

 

全員が縄の入ったら「ブ〜 ブ〜 ブ〜」と掛け声をみんなでかけます。

そして「こブタが いっぴき にげだした」で、縄から1人抜け出します。

 

同じ様に次々と縄から抜け出していき、全員が抜け出した時点で「ブ〜 ブ〜 ブ〜」とみんなで掛け声をかけます。

試合終了のホイッスルみたいなイメージですね。

 

 

跳び方、伝わりましたかね?

ちょっぴり変わった歌に合わせて、跳んでいく、この縄跳び。

 

「ブ〜」では少し笑いが聞こえそうです😅

 

重要なのは、何といっても縄のタイミングをつかむ事ですね。

 

タイミングさえつかんでしまえば、引っかかる事なく楽に縄に入れます。

 

達人になれば、目をつむっても入れる様になれますよ✨

 

また、1度縄に入ると全員が入るまで、ずっと跳び続けなければいけないので、体力に自身のある人から跳ぶ様にして下さいね。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、ブタ🐷がブ〜ブ〜言ってる縄跳び歌【満洲の山奥で】を紹介しました。

 

歌いながらどんどん縄に入っていく、この縄跳び。

「ブ〜 ブ〜 ブ〜」で、今度は1人ずつ縄から抜け出していく様になります。

 

一見難しそうですが、縄のタイミングさえつかんでしまえば、意外と簡単に跳び続ける事が出来ますね。

 

極めれば、目をつむっても入れる様になるかもです😉

 

また、1番最初に跳ぶ人はとても長く跳び続けなければいけないので、体力のある人から縄に入る様にして下さいねっ☆

 

さぁ、みんなで「ブ〜 ブ〜 ブ〜」と言いながら、縄から出たり入ったりしちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆