城門くぐり なのです
sasint / Pixabay

「手遊び」や「伝承遊び」って楽しいですがスペースなどによって、どうしても人数が限られてきますよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

人数はいるんだけど、スペースがないので出来ないっ💦って経験はありませんか?

 

実は、そんな時にうってつけのレクがあるんです!

場所さえあれば、何人でも楽しむ事の出来る、夢の様なモノが。

 

今回は、何人でも楽しめる伝承遊び【城門くぐり】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

城門くぐり

輪になって手をつなぎ、誰かが「お城の御門(みかど)が開いたよ」と言って、つないだ手を高く上げます。

 

みんなで「わっしょい、わっしょい」と叫びながら、手をつないだまま、そこをくぐって外向きの輪になります。

 

キレイな輪になったら、また誰かが「今度は、こちらの門が開いたよ」と言って、つないだ手を高く上げます。

 

同じ様にその下をくぐって、元の内向きの輪に戻ります。

これを何度か繰り返します。

 

 

遊び方、伝わりましたかね?

高く上げた腕の下をくぐって、内向きにも外向きにもなれちゃう、この伝承あそび。

 

場所さえあれば、かなりの大人数でやる事も可能です✨

腕の下めがけて「突撃〜〜〜っ!」という、何とも言えない楽しさが込み上げてきますよっ♪😉

 

ただし注意事項として、夢中になるあまり、無理な体勢でくぐると肩や腕を痛める事があります。

 

大人数になればなる程その可能性は高くなるので、ケガには十分注意して下さいね。

応用編

ここでは私が子供の頃によく遊んでいた『歌いながらやる方法』を紹介します。

 

歌は「なべなべそこぬけ」でいきますよ。

 

内向きの輪になり、みんなで腕を前後に振ります。

 

「そこをがぬけたら」で、誰かが手を高く上げます。

他の人は腕振りを止めて構えます。

 

「かえりましょ」で、みんなで腕の下をくぐり抜けて、外向きの輪になります。

これを外→内→外と数回繰り返します。

 

歌いながらやると結構楽しいので、オススメですっ☆🤗

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、何人でも楽しめる伝承遊び【城門くぐり】を紹介しました。

 

みんなで輪になって、腕の下をくぐり抜けていく、この伝承遊び。

 

みんなで叫びながら、腕の下めがけて突撃するのは、かなり楽しいです✨

 

場所さえあれば、何人でも参加可能な所も魅力的ですよね♪

 

しかも応用として、歌いながらやるのも楽しいですよ😁

 

ただ、くぐり抜けていく時に肩や腕を痛める事もあるので、ケガには十分気をつけて下さいね。

 

さぁアナタも、100人で腕の下めがけて「突撃〜っ!」しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆