郵便屋さん なのです
3dman_eu / Pixabay

ゆうびんやさん♪おはいんなさい♪

大なわとびや長なわとびで歌われる、有名なわらべ歌ですよね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

私も幼い頃に、友達とよく遊んでいた思い出があります✨

 

みんなで何回跳べるか挑戦しましたが、私が入ると引っかかってチャレンジ失敗…💦

 

いざ自分の番になると、緊張しちゃうんですよね😅

 

でも、みんなで跳びきれれば、もの凄い達成感です!

 

今回は、そんな何回跳べるか挑戦するなわとび歌【郵便屋さん】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

郵便屋さん

ゆうびんやさん おはいんなさい
ハガキが10枚 おちました
ひろってあげましょ
1枚 2枚 3枚 4枚 5枚
6枚 7枚 8枚 9枚 10枚
ありがとさん

 

この歌に合わせて、跳んでいきます。

 

まず大なわとびor長なわとびを回します。

 

みんなで『ゆうびんやさん おはいんなさい ハガキが10枚 おちました ひろってあげましょ』まで歌います。

なわとびに入る人は、いつでも入れる様にタイミングを見計らって、心の準備をしておいて下さい。

 

『1枚、2枚、3枚…』で、1人ずつ順番になわとびへ入っていきます。

途中で引っかからず、最後まで全員入りきる事が出来れば、成功となります。

 

 

跳び方、伝わりましたかね?

なわとび界では有名な、このわらべ歌。

 

みなさんも幼い頃によく遊んだ事がありますよね♪

 

ちなみにその時の人数によって、ハガキの数を変えていきます。

跳ぶ人が5人なら「ハガキを5枚」になります。

 

このわらべ歌にも、地域によって歌詞や遊び方に多少違いがありますが、「郵便屋さんが落としたハガキを拾ってあげる」というシナリオは変わらない様ですね。

応用編

・ここでは、また少し違った跳び方を紹介します。

 

最初から全員がなわとびの中にいる状態から跳びはじめます。

そしてみんなで『郵便屋さん』を歌います。

 

「1枚、2枚、3枚…」の歌詞に合わせて、1回1回実際にしゃがんで、地面からハガキを拾い上げるしぐさをします。

途中で引っかからずに、10枚までハガキを拾い上げれれば成功となります。

これもその時の状態で、ハガキの枚数を変えて下さいね。

 

縄を回すスピードやハガキの枚数にもよりますが、毎回しっかりしゃがんでハガキを拾い上げる動作をすると、結構ハードな屈伸運動になります。

 

これは体力に自信のある人向けですね💦

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、何回跳べるか挑戦するなわとび歌【郵便屋さん】を紹介しました。

 

なわとび界では有名な、このわらべ歌。

郵便屋さんが落としたハガキの数だけ、なわとびへ飛び込んでいく跳び方です。

 

他にもみんなでハガキの数だけ、しゃがんで拾い上げるという跳び方も。

地域によって歌詞や跳び方に多少の違いはありますが…💦

 

どちらも体力に自信がないと出来ないかもしれません。

 

でも、みんなで跳びきった時の達成感は格別ですよっ☆

 

アナタも、タイミングと体力を鍛えて【なわとび界のアスリート】を目指しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆