ブラックアート なのです
InspiredImages / Pixabay

とんちの効いた謎解きレク、第2弾!

 

どーも、元・介護員のぴょろです。

 

楽しくレクをやられてますか?

 

前回、とんちの効いた謎解き遊び『レインボーアート』を紹介しましたよね。

 

楽しみながら、意識せずに頭の体操になる遊びなんですが…

 

最初はみんな「え〜、何で?どーして?」となりますが、ある法則さえ分かってしまえば、簡単なモノでした。

 

でも実は、まだ他にも違うバージョンの遊びがあるんです!

 

これも『レインボーアート』とよく似ていますが、法則さえ分かればスッキリ✨しちゃう遊びが😁

 

今回は、そんなとんちの効いた謎解きレク【ブラックアート】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

ブラックアート

レクリーダーは「ブラックアート!」と大きな声で言いながら、左手をパー✋にして前に出します。

 

『青、赤、黒、黄色』と言いながら、右手で左手の指を1本ずつ触っていきます。

 

ここでは小指が青、薬指が赤、中指が黒、人差し指が黄色ですよ。

 

最後に親指を指差しながら「さぁ、親指は何でしょう?」と問いかけます。

 

みんなに何か答えてもらいましょう。

 

ある程度答えてもらったら、レクリーダーは「正解は……黄色でした!」と大きな声で答えを言って下さいね。

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

青、赤、黒、黄色』と言いながら、右手で左手の指を1本ずつ触っていき、親指が何の色になるか当ててもらう遊びになります。

 

『レインボーアート』とよく似ていますね😁

 

これも最初はみんな「え〜、何で?どーして?」となりますが、何問か問題を出して、ある程度考えてもらいましょう。

 

しっかり考える事で、考える力が身につきますよ✨

 

でも、だいたいの人が分かったらタネあかしをしてあげて下さいね。

 

コツとしては、「ブラックアート!」を少し強調して言います。

 

ここに謎を解くためのヒントが隠されていますよっ☆

タネあかし

どうして答えが「黄色」になるのか、気になりますよね。

 

これには、ある法則があります。

 

キーワードは【ブラックアート】です。

 

『ブラック』=黒

『アート』=あと(後)

 

もうお分りですね♪

 

要するに「黒の後の言葉」が正解になります。

 

法則さえ分かってしまえば、後は簡単ですね♪

 

問題も「動物」や「食べ物」「アニメのキャラクター」やなど、色々バリエーションがあるので、得意げに出して下さいね。

 

ただ、各問題の中では必ず黒色のモノを入れないといけませんよ。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、とんちの効いた謎解きレク【ブラックアート】を紹介しました。

 

青、赤、黒、黄色』と言いながら右手で左手の指を1本ずつ触っていき、親指が何の色なるか当ててもらう、この遊び。

 

要は、黒の後の言葉が正解になるんですが…

 

これもすぐにタネあかしをせずに、「ブラックアート!」を強調したり、少しずつヒントを出したりして考えてもらいましょう。

 

問題も何度か繰り返しして、だんだんみんな分かってくるとタネあかしをして下さいね。

 

みんなに謎を解いてもらうまでが意外と楽しいかもしれません。

 

謎が解けた時の「あ〜、そういう事か〜!」という言葉を聞けば、何だかドヤ顔にしたい気分になりますよっ😤

 

さぁ、あなたもとんちの効いた遊びで、みんなの悩んでる表情をウォッチングしちゃいましょう!

 

長文のなりましたが。ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆