漢字しりとり なのです
Engin_Akyurt / Pixabay

ちょっとしたスキマ時間でも、すぐに出来る遊びって、イイですよね♪

 

「しりとり」などは、その代表的な遊びです。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

ルールに従っていれば、言葉の組み合わせは無限大✨

 

つい熱中してしまう魅力を持った、子供から大人まで幅広い世代で楽しめる遊び「しりとり」。

 

…でも皆さん、大人向けの「しりとり」があるのをご存知ですか?

 

小さなお子様にはまだ少し早い、紳士や淑女にうってつけのしりとり遊びの存在を✨

 

今回は、大人向けのしりとり遊び【漢字しりとり】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まず準備運動として、通常のしりとりを1回みんなでやります。

 

《本命レク》への雰囲気作りなので、あまり時間をかけずにササッと進めて下さいね。

漢字しりとり

通常のしりとりの様に、「最後に〝ん〟がついてはダメ」「単語をつなげる」というルールは変わりません。

ただ、しりとりで使える単語を『漢字のみで構成されたモノに限定』というルールを加えます。

しりとり例
散歩(さんぽ)→歩数(ほすう)→数学(すうがく)→学校(がっこう)→校庭(こうてい)→庭師(にわし)→師匠(ししょう) など

この例を見て「あれれっ!?」と思った方、多いですよね。

「校庭(こうてい)→庭師(にわし)」の様に、読み方がつながっていなくても漢字がつながっていればOKなんです。

その為、声ではなく漢字を頭に浮かべないと難しいかもしれません。

さぁ、しりとりを始めていきます!

途中で間違えたり、違う漢字を使ってしまったら負けになります。

周りの人は悩んでいる人にヒントを出して助けてあげて下さいね。

ちなみにホワイトボードや紙に書き出していくと、分かりやすくてイイかもしれませんね♪

 

遊び方、伝わりましたかね?

しりとりで使える単語を『漢字のみで構成されたモノに限定』というルールを加えた、しりとり遊びです。

 

また、「校庭(こうてい)→庭師(にわし)」の様に、読み方がつながっていなくても漢字がつながっていればOK✨

 

声ではなく、頭の中で漢字を思い浮かべていくので、脳はフル稼働します。

 

ホワイトボードや紙に書いていくと、分かりやすくてイイですね。

 

これ、まさに大人の脳トレに最適な遊びです♪

 

簡単な漢字限定なら、小中学生でも参加出来るかもしれませんねっ😉

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、大人向けのしりとり遊び【漢字しりとり】を紹介しました。

 

しりとりで使える単語を『漢字のみで構成されたモノに限定』というルールを加えた、このしりとり遊び。

 

色んな漢字を知っておく必要があるので、どうしても大人向けの遊びになってしまいます💦

 

漢字をつなげていきますが、「校庭(こうてい)→庭師(にわし)」の様に、読み方がつながっていなくても漢字がつながっていればOKなんです✨

 

常に頭の中で漢字を思い浮かべていくので、脳はフル稼働。

 

大人の脳トレにうってつけです☆

 

簡単な漢字限定なら、小中学生でも参加出来るかもしれませんよ♪

 

さぁ、あなたも大人向けのしりとり遊びで「大人の大人による大人の為の脳トレ」をやっちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆