飛んだ飛んだ なのです
Pexels / Pixabay

「♪おーちた、おちた♪ なーにがおちた♪」といえば、以前紹介した手遊び『おちた おちた』ですね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

でも落ちたなんて、受験生の前では縁起が悪くて言えないですよね💦

 

それなら落ちなければイイじゃんっ!

 

実は「♪おーちた、おちた♪」を言わないモノがあるんですよっ。

 

リズムは同じですが、手を使わずにその場で飛んじゃう足遊びが✨

 

今回は、その場でウサギみたいに飛んじゃう足遊び【飛んだ 飛んだ】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

導入レク

まず体を慣らすために、その場でジャンプします。

レクリ-ダ-は「ピョンッ!」と掛け声をかけます。

その掛け声に合わせて、ピョンッと1回ジャンプします。

 

レクリ-ダ-は、続けて「ピョンッ!ピョンッ!」と掛け声をかけます。

周りの人は、掛け声に合わせてピョンッピョンッと2回ジャンプします。

 

今度は3回「ピョンッ!」と掛け声をかけ、同じ様にリーダーの掛け声に合わせて3回ジャンプします。

 

これを1ピョン、2ピョン、3ピョンと繰り返していきます。

 

あくまで軽いウォーミングアップなので、軽いジャンプを2セットくらいでOK👌ですよ。

飛んだ飛んだ

まずリーダーを1人決めます。

『おちた おちた』と同じリズムで、リーダーは「飛~んだ、飛んだ」と掛け声をかけます。

リーダー以外の人は「なーにが飛んだ?」と聞き返します。

リーダーは「😚😚😚‼︎」と叫びます。

「😚😚😚」の言葉が飛ぶモノなら、みんなで一斉にジャンプをしてもらいましょう。

例えば「カラス」なら飛ぶので、みんなでジャンプ!

これが「ペンギン」なら飛ばないので、ジャンプはしないという事になります。

 

⑤これを数回繰り返していき、ミスが多かった人とレクリ-ダ-交代するといった具合に、どんどん交代していきましょう。

飛ぶモノ例
⚫︎ハト、ちょうちょ、飛行機、スーパーサ◯ヤ人 など

飛ばないモノ例
⚫︎ダチョウ、カエル、車、ピカ◯ュウ など

 

遊び方、伝わりましたかね?

 

リーダーの掛け声で、飛ぶモノならみんなでジャンプする、この足遊び。

 

以前紹介した『おちた おちた』のリズムにのってやっていきます。

 

『おちた おちた』の応用編ともいえる、このレク。

 

リーダーの掛け声で、飛ぶモノか飛ばないモノかを一瞬で判断しなければいけません。

 

しかも間違えると、みんなの見ている前で自分だけが飛ぶ様になるので、とっても恥ずかしいです😅

 

これはリーダーの声さえ届けば、大人数でも楽しめる足遊びですよっ☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、その場でウサギみたいに跳んじゃう楽しい遊び【飛んだ飛んだ】を紹介しました。

 

以前紹介した『おちたおちた』のリズムに合わせて掛け合いをしていきますが、最後のリーダーさんの掛け声が重要になってきます。

 

リーダーさんはしっかり大きな声で「飛ぶモノ」または「飛ばないモノ」を言ってあげて下さいね。

 

飛ぶモノなら、みんなで一斉にジャンプ!

 

飛ばないモノなら、ジッとします。

 

しっかり聞いていないと、みんなの前で自分だけがジャンプする事になり、とっても恥ずかしいですよっ😅

 

さぁ、アナタもこの足遊びで、豪快にジャンプ‼️しちゃいましょう!

 

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆