大波小波 なのです
Pexels / Pixabay

お〜なみ こ〜なみ♪」といえば…

有名ななわとび歌の1つ『大波小波』ですね。

 

どーも、元・介護員のぴょろです。
楽しくレクをやられてますか?

 

これ、誰もが幼い頃に跳んだ事のあるなわとび遊びですが…

実は、地域によって歌が違うんです!

 

よく耳を澄まして聞けば「アナタ、〇〇県の人デショ!?」と、出身地がバレちゃう………かも💦

 

今回は、そんな地域性の濃いなわとび遊び【大波小波】を紹介します。

スポンサ-ドリンク

大波小波

おおなみ こなみで
ぐるっと まわって
ネコのめ

 

この歌に合わせて、跳んでいきます。

ちなみに今回は、東京方面での歌で説明しますね♪

 

まずは長なわとびを回す人を2人決め、残りの人はなわの中に並んで入ります。

 

『おおなみ こなみで』で、なわを揺りかごの様に左右に大きく揺らします。

中の人は、その揺れるなわを跳びます。

 

『ぐるっと まわって』で、なわを大きく回転させます。

中の人は、回転に合わせてタイミングよく跳びます。

 

『ネーコのめ』で、中の人は回っているなわを、またいで止めます。

見事、なわを止める事が出来たら成功になります。

 

跳び方、伝わりましたかね?

回っているなわを、またいで止めちゃう、なわとび遊びになります。

 

左右に揺らして→大きく回して→またいで止める といった流れですね♪

 

特に最後の『ネーコのめ』では、回転に狙いを定めて、タイミングよくまたいで止める必要が。

 

これが、かなり難しいです😅

 

ただでさえ、タイミングよく止めなきゃいけないのに、他の人とも息を合わせなければいけません。

 

でも何度か挑戦していれば、みんなでなわの動きをよく見たり、なわの回転に合わせて動いたりする力が身についてきますよ☆

応用編

⚪︎実はこのわらべ歌、地域によっていろんなバリエーションが存在します。

 

ここでは、その内のいくつかを紹介します。

 

おおなみ こなみ
ひっくりかえって
あっぱっぱー (大阪方面)

 

おおなみ こなみ
かぜがふいたら やまよ
ゆうびんはいたつ
おくりも ごようで
エッサッサー エッサッサー
ささまのこ ささまのこ
ぐるっとまわって
ネコのめ (東北)

 

おおなみ こなみで
かぜが ふいたら
まわしましょ (名古屋方面)

 

地域によって違いますが、跳び方はたいして変わりませんよ😉

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、地域性の濃いなわとび遊び【大波小波】を紹介しました。

 

回っているなわを、またいで止めちゃう、このなわとび遊び。

左右に揺らして→大きく回して→またいで止める といった流れですが…

 

集団では結構難しいです。

 

何度もチャレンジして、なわの動きを見極めて下さいね♪

 

また、地域によって歌も異なるので「アナタ、〇〇県の人デショ!?」と、出身地が分かっちゃう事も😅

いろんな地域の歌を探して聞いてみるのも面白いですよ☆

 

さぁ、あなたもいろんな地域の人と遊んで【大波小波マスター】を目指しちゃいましょう!

長文になりましたが、ありがとうございます。

スポンサ-ドリンク
おすすめの記事
運動後の水分補給におススメ♪
消臭やノロウィルス対策におススメ☆